BT

Seam 2.0ベータ版にGroovyと実験的なGWTのサポートが追加

| 作者: Scott Delap フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 佐野 徹郎 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年9月7日. 推定読書時間: 2 分 |

Seam 1.2.1のリリースから3ヵ月後に、Seam 2.0のベータ版がリリース(source)された。SeamはEJB3、JSF、jBPM、JBoss Rules(Drools)、およびiTextなどの多くのJava EEフレームワークをつなぎ合わせる、Java EE 5.0のためのアプリケーションフレームワークだ。Seamのステートフルなデザインは、それらのフレームワークを相互に作用させることで、簡単にさまざまなエンタープライズアプリケーションを開発することを可能にする。ギャビン・キング(Gavin King)のブログに記載された主な機能を以下に記載する。

  • Seam WSはSeamコンポーネントをWebサービスのエンドポイントとして機能させる
  • Seamコンポーネントは現在、Groovyで書くことができる
  • Seamのコアは現在、JSFから独立している
  • Google Web Toolkitの実験的なサポート
  • Hibernate Searchとの統合
  • Java EE 5のUnified ELを拡張する、JBoss ELの導入
  • Quartz(Javaのためのジョブスケジューラ)を含む、Seamの非同期性の大幅な強化
  • jBPMの統合の大幅な強化
  • 完全に再編成されたビルトインコンポーネントのパッケージング
  • JSF 1.2への移行
  • 簡易化した設定
  • ページフローの構成のサポート
  • テスティングフレームワークとの統合の強化
  • 非JTA(Java Transaction API)環境をサポートする新しいトランザクション抽象化層
  • 改善されたJavaDoc
  • 2つの新しいサンプルアプリケーション
  • 新しいEmbedded JBossへの移行
  • Ajax4jsf CDK(Component Development Kit)を利用して再実装されたSeam JSFの制御
  • バグフィックス

先日、RedHatはSeamのサポートを含むExadel Studio Proのプラグインをオープンソース化した。InfoQにはより深い内容の記事 - マイケル・ヤン(Michael Yuan)によるSeamの紹介(source)、さらには以前のSeamのリリースおよびSeamとは何かについての2つのギャビン・キングへのインタビュー(source1)(source2)がある。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/06/seam2beta

(原文は2007年6月27日にリリースされました)

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT