BT

Adobeとソフトウェアの将来

| 作者: Jon Rose フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年10月29日. 推定読書時間: 4 分 |
Adobeは最近Adobe Flexにおける取り掛かりからAdobe Integrated Runtime(AIR)における努力にわたって大変興味深いことを手がけてきた。また最近彼らは全てのソフトウェアをSoftware as a Service(SaaS)として知られるモデル内でWebに移行したいという、大変斬新な意思表明をした。業界をリードするソフトウェアベンダ達と同様 にAdobeは今後ソフトウェアがどのように成長するか描いており、将来的にはそれが彼らのプラットフォーム上にあることを望んでいる。

Charlton BarretoはDigital Walkaboutブログ上(source)でAdobe Maxカンファレンスで行われたSaaSの発表を下記のようにまとめている。
MAXとWeb 2.0においてAdobeは以下のような移行が完全になるのは10年くらいかかることも承知ながら、それをSoftware as a Serviceに変換させるのとともに、オンラインでのアプリケーションがどのように変化しているかに関して発表した。
Adobeの視点においてこれが一夜にして成される移行ではないことは確かである。Adobe Systems CEOのBruce Chizen氏はAdobe Maxカンファレンスが始まる前にpcworld.comのインタビューにおいてその移行が完成するには最低でも10年から20年くらいかかることを述べている(source)
PCWorld.com: 将来的にソフトウェアの供給はSaaSホストモデルであることに同意しますか?

Chizen氏: 最終的にはそうですね。でもキーとなるのはそれがどれくらいかかるかということです。それはアプリケーションとブロードバンドの許容力にもよりますね。多分20年くらいかかるということは確かでしょう。
Chizen氏とpcworld.comはPremiere Expressでこのモデルのソフトウェアを提供したAdobeの例に関して話し合った。アプリケーションがどのように供給されるかという点における移行手段に加えて、Chizen氏は収入モデルが広告ベースになる可能性に関しても触れた。
それ(Premiere Express)で消費者達は簡易なビデオ編集ができるようになるのです。それはPhotobucketやMTVのようなパートナーと協力して行うつもりです。いくつかのそれらのビジネスモデルは広告ベースのものです。私たちは今後も実験を続けて行きます。
Chizen氏はアプリケーションをWebに動かすのは挑戦的である事を確信している。Reuter誌はMAXカンファレンスにおいて同氏が下記のように述べているのを掲載した(source)
”デスクトップはアプリケーションを動作するのに大変強力なマシーンであります。ブロードバンドはどんどん早くなりますが短期間においてまだ制限があります。”Chizen氏は同カンファレンスQ&Aセッションにてそう返答した。
デスクトップアプリケーションをWebに移行するのと同様に、より直接的な部分のAdobe戦略がAIRプラットフォームを軸として展開している。AIRプラットフォームはデベロッパたちがデスクトップアプリケーションを構築するwebテクノロジーを使用し、それをAIRにランタイム時でAIRにデプロイするのを可能にさせる。Chizen氏はpcworld.comにAIRプラットフォームを下記のように解説した。
PCWorld.com: GoogleがGoogle Gearsを使用して行っていることに対して、なぜAIRアプローチはブラウザベースのアプリケーション用のオフラインコンポーネントを構築するのに適しているのですか?  

Chizen氏: いくつかのアプリケーションはブラウザが素晴らしく、またオフライン機能があることは大変実用的な拡張となるのです。しかしながら他のアプリケーションはユーザーエクスペリエンスにおいて完全に私たちがコントロールしたいのです(そしてブラウザは不十分なものです。)。

そこが私たちが本当に区別している部分なのです。ローカルの機能を多少発展させた機能はデスクトップからアプリケーションにドラッグ&ドロップを簡単に行える機能です。こういうことはブラウザで行うのには少し困難なのです。そしていくつかのアプリケーションではそのままでブラウザに支障を与えられたくないのです。ローカルの存在が欲しくそしてそこが私たちの輝ける時なのです。
キーとなるAIRのサンプルアプリケーションはFlexで開発されたワープロアプリケーションのBuzzwordで、またそれにはAIRプラットフォームを使用してデスクトップ上で作動するバージョンもある。Adobeは最近、Buzzwordの開発者であるVirtual Ubiquityを買収することを発表している。Chizen氏はこの買収における動機をpcworld.comにて下記のように語っている。
私たちがBuzzwordに関して本当に面白いと思ったのは、ワープロビジネスに彼らがいたところではなくてAIRで何ができるかということを証明する良い例だったからでです。またそれは私たちのAcrobatドキュメントコラボレーションストラテジーに大変適していたのです。
Adobeは明らかにFlex、AIR、そして彼らのSaaSストラテジーにおいていろいろな話題を巻き起こしているが、Adobeの役割がソフトウェアの将来という観点においてどれだけ重要であるかは未だ明確ではない。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/10/adobe_future_of_software

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT