BT

InfoQ ホームページ ニュース Ted PatrickがFlex3 Beta 2を紹介

Ted PatrickがFlex3 Beta 2を紹介

ブックマーク
Adobe SystemsのTed Patrick氏がFlex3 Beta 2バージョンのリリースの新たな機能と向上点に関して、先週一週間に渡りブログを記載した。彼は、月曜日に、Flexの採用によってデベロッパ達にもたらされる一番の利点とはFlex Builer IDEの費用のディスカウントであることを述べて(source)、そのブログに幕を閉じている。
Flex Builder3は2つのエディションで発売される。Flex Builder3 スタンダードエディション($249 US)とFlex Builder3 プロフェッショナルエディション($699 US)の2つである。更に11月1日にはFlex3に同調させ、Flex2の価格を改定する予定である。またそれは$99からのFlex3用アップグレードオプションのサポートを伴ったものとなっている。
Eclipseベースの開発環境はFlexアプリケーションを構築するキーとなっている。Flex Builder2 IDEのベース価格は$499であった。50%のディスカウントとなり、ツールのライセンスコストを考慮してFlexの使用をためらっていた人々は、より求めやすくなることだろう。

彼は先週の水曜に、CRUD世代管理とWDSLイントロスペクションを含めたバックエンド開発を簡易にするための機能の詳細(source)に関する調査を始めた。
Flex Builder3 Beta 2はASP.NET、PHP、Javaを伴うデータ交換用のサーバ側のコードを生成するための新たな機能を備えている。 単純にデータベースを選択して、編集したいテーブル、プレスト、フルCRUD、Create、Retrieve、Update、Deleteを選択する。

その上私たちは、Strongタイピングを使用してWeb Servicesを併用できるようWDSLイントロスペクションを追加した。
木曜日にPatrickはツールとドキュメンテーションの向上点に関して記載した。ドキュメンテーションとサンプルは”もっとディスカバラブルで探索しやすい”(source)ものにするために改善されている。

金曜日にPatrickはコードリファクタリングとナビゲーション、デバッガとプロファイラの向上点を詳細に記載した(source)
最初の変更点ではコードナビゲーションを言語インテリジェンス周辺(リファクタリング、サーチ、コードモデル)の拡張と機能向上に狙いを定めている。この機能を利用するには、単純にCTRLを押しながらプロパティをクリックしてその定義を誘導する。
彼はスクリーンショットを通してナビゲーションを簡易にし、デバッグされているオブジェクトの詳細を提供する機能とされているデバッガの改善点を提示した。
プロファイラはFlexのキーとなる機能で、またこの機能向上によってそれが必要不可欠なものとなっている。間違った方向に誘導するプロファイラほど最悪なものはなく、このチームはアプリケーション内で何が起こっているのかを測定するための、メモリとパフォーマンスの測定の仕方において重要な変更を施した。
この一週間に渡るブログにて、PatrickはAdobeが次回のFlex3のリリースの詳細に最善の注意を払っていることを明確にした。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/10/ted_patrick_flex_3_beta_2

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。