BT

BeJUG SOAカンファレンスのプレゼンテーションがparleys.comにて配信開始

| 作者: Hartmut Wilms フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月8日. 推定読書時間: 2 分 |

Belgian Java User Group(BeJUG)(サイト・英語)Enterprise SOA'07カンファレンス(サイト・英語)で行われた3つのプレゼンテーションビデオがparleys.com(サイト・英語)にて配信され始めた。

このEnterprise SOA'07カンファレンスでは、”コストとリスクを減らし、また効率と速さを上げ、予期せぬテクノロジーの変化から組織を開放するためにSOAの規則をどのように活用するかという技術的な議題と概観”に関するプレゼンテーションが行われた。配信され始めたビデオにはBurton GroupのリサーチディレクターであるAnne Thomas Manes氏(ブログ・英語)、InfoQのCEO、またリードエディターであるStefan Tilkov氏(ブログ・英語)による重要なスピーチが含まれている。

Anne Thomas Manes氏は”SOA主導を最大限に活用する(source)”ことに関して語った。彼女はそこでいくつかの主要なリスクとSOA採用を妨げる難題、またこれらのリスクを緩和するのを助ける戦略のための提案を提供している。彼女によると”大きく考え小さなステップを踏む”という考え方が成功するSOA主導への正しい方法論であるということだ。

"REST vs SOA(source)のステート”というスピーチの中で、Stefan Tilkov氏はエンタープライズシナリオは”Webを成功させた”RESTの規則とプロパティから多大な益を得ることに関して論議している。また彼は例を用いてREST(インターネット)アプローチを説明し、それをWS-*とSOAPの(エンタープライズ)の世界と比較している。

オープンソースSOAミドルウェア会社のWSO2の共同設立者の一人であるPaul Fremantle氏は、”オープンソースESB”がベルギーのビールと同じくらい良いかどうかを考慮している。また彼はESBがどのように全体的なSOAの図の中にフィットするのかに関して説明し、また4つのオープンソースESB(source)の機能とアプローチに注目し、それを定評のあるベンダー達からの製品と比較している。彼の見解では”オープンソースアプローチは長期的で強固、またコスト効果のあるサービス指向アーキテクチャ”を作るのに最適であるということだ。

これらの3つのプレゼンはSOAの世界において現在最も論議、討論されている話題である。SOA、ESB&SOAのリスク、そしてSOAの実装の方法としてのRESTである。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/bejug-soa07-talks

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT