BT

InfoQ ホームページ ニュース SOAシンポジウムにおけるOASISコンポーザビリティ

SOAシンポジウムにおけるOASISコンポーザビリティ

ブックマーク
OASISは2008年にComposability within SOAにおけるシンポジウム(サイト・英語)を行うことを発表した。参加募集声明(source)には下記のように記載されている。
現在ビジネスと政府でデプロイされているSOAの中核は、多様なアプリケーションを構成、もしくはコーディネートする能力である。レガシーと新技術は異なるプラットフォーム、言語の上で開発され、また異なるインターフェースを提供し、また異なるオーナーによって管理される事が可能である。私達はこの性質 を意味するのに”コンポーザビリティ(composability)”という用語を使用する。
そのシンポジウムはこの種のイベントでお馴染みのように幅広いトピックを取り上げる予定である。
  • 組織とサービスの振り付け: コンポジットアプリケーションの有利化
  • コンポーザビリティテクノロジーの良好なSOAデプロイメントのためのユースケースとベストプラクティスの習得
  • SOAコンポーザビリティを向上させるためのセマンティックテクノロジーの使用
  • コンポーザビリティに関するSOA標準: 多様な標準がどのようにコンポーザビリティをサポートするのか、それらが互いにどのように構成し合うのか
  • サービスコンポーネントアーキテクチャ(SCA)を使用したサービスコンポーネントの構成
  • コンポジットアプリケーションの動的アスペクト: 変更マネジメント、ディスカバリ、アップグレード、移行とトランジション
  • コーディネーションとメディエーションイネーブラ: エンタープライズサービスバス、ルールベースのエンジン、サービスディレクトリ等
  • ビジネスの境界を超えたテストの挑戦を含むコンポジットアプリケーションのテスト
過去のOASISシンポジウム(サイト・英語)では、通常いくつかの重要な標準化活動(source)に注目してきたが、今回もそうなる事を期待したい。OASISはCIO、システムインテグレータとITに関する上層部をこのイベントのターゲット客層としている。このイベントではSCA、SDO、またWS-BPES、SOA-RMなどの関連し た仕様のように、現在注目されているトピックを取り上げ、これらの標準・仕様のデベロッパ、そしてエンドユーザ達両方にとって興味深い雰囲気を作り出すことになるだろう。それが最終的なタイムテーブルとオーディエンスにかかっているかにどうかに関わらずである。InfoQも進捗状況報告とプレゼンターたちのインタビューを行うためこのイベントに参加することを計画している。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/composability-symposium

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。