BT

JNBridgeがMicrosoft.NETとBiz Talk Server用の新たな二つのJMSアダプタをリリース

| 作者: Hartmut Wilms フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月1日. 推定読書時間: 3 分 |

現在業界をリードする、ソフトウェア開発者用のJava/.NETインターオペララビリティツールを提供する一会社であるJNBridge(サイト・英語)は、Microsoft .NETプラットフォーム用の新たな二つのJava Messaging Services(JMS)を発表した。一つのアダプタはWindows Communication Foundation(WCF)を拡張し、どのベンダーのJMS実装も.NETアプリケーションに直接統合させるのを可能にし、もう一つのアダプタは JMS機能をMicrosoftのBizTalk Server 2006(R2)(source)に接続するものである。

JNBridge JMSアダプタはJMSメッセージの生成、実行のための簡易な.NETインターフェースを提供する。なぜならJMSは単なる仕様であり、それぞれのJMS実装はベンダーに依存されていて、他のベンダーの実装は通常インターオペラブルではないのである。JMSアダプタは動的にプロキシクラスを生成し、ベンダーのJMSクライアントを包み込むことによってこの問題を提示している。そしてそれは静的.NETインターフェースを実装するものである。それゆえにJNBridgeはどのJMS実装とも互換性がある。デベロッパはアダプタの設定内でJavaクラスパスを調節することによって、一つのクライアント実装から他のものに変更することができる。

”長年に渡って私たちはJNBridgeProの顧客たちから.NETかBizTalk Serverアプリケーションで、JMSサーバからメッセージをもっと簡単に送る方法に対する要望を受けていました。”とJBNridgeのCTOであるWayne Citrin氏は説明している。”現在は私たちの新たな.NETとBizTalk Adapers、完全で即時的なインターオペラビリティを約束する効率化、また自動化された方法が可能になるのです。ユーザ達がWCT LOBアダプタかもしくはBizTalk Serverアダプタフレームワークを使用するのに、JMSプログラミングとアダプタコンストラクション両方の詳しい知識は必要とされないのです。私たちは自動化されたプロセスをただ一つのステップにまとめたのです。”

JMSがサポートしている機能は下記のとおりである。

  • Point-to-point(キュー)
  • 発行・サブスクライブ(トピック)
  • JMSセキュリティ
  • 耐久性のあるサブスクリプション
  • テキスト、バイト、マップメッセージ
  • メッセージセレクタ・フィルター

アダプタは両方ともJNBridgePro(サイト・英語)テクノロジをベースにしていて、クラスのAPIを提供するプロキシ一式を生成することによってインターオペラビリティの橋わたしを行い、.NETとJavaクラスのコミュニケーションを管理するものである。.NET用のJMSアダプタはWCF LOBアダプタSDK(サイト・英語)を利用している。Javaと.NETのインターオペラビリティは共有コミュニケーションチャンネルを使用するカスタムトランスポートチャンネル実装を提供することによって成される。下記の図はアダプタのアーキテクチャの概観である。

JMS Adapter for .NET Architecture

また.NET用のJNBridge JMSアダプタ(サイト・英語)はAdapter Service Reference Visual Studio Add-Inによって提供されるWCF LOBアダプタメタデータブラウズ・検索機能を活用している。デベロッパはJMS Serverのメタデータをブラウズ、検索、選択された動作とタイプを使用して.NETプロキシクラスを生成することが可能になる。

BizTalk Sever用のJNBridge JMSアダプタ(サイト・英語)はどのベンダーのJMSサーバと同様にBizTalk Server 2006と2006 R2で動作する。またそれはBizTalk ServerオーケストレーションをJMSインフラにつなぎ、JMSのプログラミング知識を必要としない。

Advanced Message Queuing Protocol(AMQP)(サイト・英語)とJNBridgeがこのサポートを提供するかどうか尋ねると、Wayne Citrin氏はもう既に顧客からの要望があり、現在市場を観察していると返答した。現在の時点ではJMS統合とJMS製品がいくつか入手可能である。

このアダプタは両方即入手可能となり機能がすべてそろっている評価版がwww.jnbridge.comにてダウンロード可能となっている。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/10/jnbridge-jms

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT