BT

マイクロソフトがManaged Services Engine(リポジトリ)をリリース

| 作者: フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月12日. 推定読書時間: 4 分 |

より多くの企業が彼らのIT資産を新たなサービスインフラストラクチャに適用させる方法を探していくにつれて、SOAスペースにおける仮想化に関する話題がヒートアップしてきた。マイクロソフトは最近その問題に関して沈黙を保っていたが、それによってコミュニティを中心としたメタデータ駆動のサービスリポジトリのリリースへと辿り付いた(source)

MSEはService Repositoryを通してサービスの仮想化を完全に可能にし、そうすることによって企業はより迅速なサービスのデプロイ、変更マネジメントのコーディ ネート、多様なサービス要素の再利用の最大化することが可能になった。それをする際にMSEはバージョニング、抽象化、マネジメント、ルーティング、 Services用のランタイムポリシー強化をサポートする能力を提供する。

Codeplex(サイト・英語)上で有効なマイクロソフトのオープンソースプロジェクトホスティングサイトManaged Services Engine(サイト・英語)は、彼らのエンタープライズSOAの顧客のためにMicrosoft Servicesによって開発されたものである。現在バージョン6.2をリリースしており、Community Technology PreviewはWCFと通常のWSDLサービスの仮想化を可能にし、また30分のウォークスルーを伴ったものになっている。

InfoQはこのリリースに関して話し合うため、Managed Services EngineプロジェクトのコーディネーターであるWilliam Oellermann氏と対談した。マイクロソフトのOsloプロジェクトの発表(source)に続いて、私たちは彼にこのMSEがOsloプロジェクトの一部であるか どうかを尋ねた。

いいえ、MSEはMicrosoft Servicesによって顧客たちと一緒に開発されたものです。しかしながら私たちはソリューション、そのアプリケーション、The Connected Systems Divisionで得た教訓を製品向上のために活用できるようOsloチームを共有しているのです。
BizTalkはセントラルESBガイダンス(source)と統合されマイクロソフトのSOAストラテジーにおいていつもキーとなる重要なコンポーネントであった。Oellerman氏は他の条件と同様にMSEとBizTalk間のコネクションに関して述べている。
.NET 3.0とSQL Serverは単なる動作条件なのである。BizTalkは特定の実装にBAM、BRE、エンティティマッピングとESBガイダンスを提供する付属物である。

そして話題はよりす速いサービスデプロイメントの利点とマイクロソフトがMSEを使用したバーティカルドメインへと移行した。

The MSEは電気通信、旅行、医療、また教育業界において使用されていました。私たちはMSE上に公式なROIをまとめていませんが、どれくらい速くサービスがデプロイされるかというベストプラクティスは、現在あるサービスに変更を施すことによって成されるのです。エンドポイント、プロトコル、コントラクトとポ リシーが設定によって定義されると、現在あるサービス実装を用いてコーディングなしでたったの数分でたくさんのバリエーションを作ることができるのです。保守的に その時間と労力は従来の方法を使用した時のたったの25%なのです。
マイクロソフトとそのパートナーによって提供された現在のSOAガバナンスソリューション(source)とは混同しないように、Oellermann氏はMSEにおいて発見されたリポジトリのアイディアとガバナンススペースにおいて発見されたSOAレジストリの相違点について解説した。
明確にすると私たちはMSE Service Catalogをレジストリではなくリポジトリと呼んでいます。私たちはレジストリが単にあなたが発行したいサブセットであるの対し、リポジトリをデザインに関連した全ての情報とサービスの実行の集合体であるとみなしています。私たちのモデルにおいてリポジトリはレジストリに必要な情報を提供します。また 私たちのリポジトリは他のどんなリポジトリかもしくはレジストリとは異なるものなのです。なぜならそれはWSDLを含まず、動作、エンドポイント、実装、 ポリシーを含んでいて、私たちはその関係に基づいて適切なWSDLを動的に生成するからです。そうすることでSOAを通して認識された速さのレベルを上げ ることができるのです。

Oellermann氏は特定してWCF開発に組み込まれるベストプラクティスにおいて、Managed Services Engineの使用が前進することに関して前向きな意見を持っていた。

私たちは顧客たちとの約束においてMSEを使いつづけ、また私たちはMSEを改善、また拡張するために彼らとCodePlexコミュニティから意見を募ります。また私たちはこのリリースをバインディング、ビヘイビア、また他のWCF拡張を付け加えることによって新たなシナリオを利用しつづけるということの真髄であると見なしています。

またOsloへのアプグレードパスが近い将来入手可能となる。

いつかMSEランタイムサーバの機能とサービスカタログが私たちのプラットフォーム、製品、サーバに組み込まれることが予想されています。私たちは顧 客たちにロードマップを提供するため製品チームと密接に働き、そうすることによって彼らのSOAリポジトリデータにおける投資が保護されるのです。

Managed Services Engineにおける更なる展開に関してはCodeplex上にて彼らのサイトを訪れて欲しい(サイト・英語)

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/ms-managed-service-engine

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT