BT

OASISがOpenCSA Webinarを発表

| 作者: Mark Little フォローする 14 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月16日. 推定読書時間: 1 分 |
OpenCSA Plenary(参考記事)とSCAスタンダードの重要参加者(source)とのインタビューの直後に、OASISはさまざまな仕様とOpen CSAにまつわる(source)トピックを網羅したWebinarを発表した(source)
12月10日からOASIS Open CSA(サイト・英語)はService Component Architecture(SCA)(サイト・英語)と、SOAにおけるその役割に関する4つの無償のWebinarを開始する。
もともとのSCA仕様全ては対象としていないが(なぜならOASISにはまだ全てが備わっていないから)、下記のものを含めて良く使う機能を対象としている。
  • SCAの”全体像を描く”外観-SCAの狙い、また多様なSCAのパーツとSCAがSOAの世界において。、どのように他のテクノロジーに関連するのか等を取り上げている。またそれは全体的な6 OASIS SCATCの目的とその共通テーマを取り上げている。
  • ポリシー-ビジネスサービスがどのように互いに作用すべきか強要するので、サービス指向のシステムの重要な側面である。また、Javaプログラミング言語内のポリシーアノテーションの例と同様に、SCA Policy Frameworkコンセプトと早期、末期のポリシーバインディングを解説する。
  • アッセンブリ-ベンダー、テクノロジー、多様なテクノロジーから作られたコンポーネントからのアッセンブリコンポジットサービス用の、言語中立モデルに関して論じられている。このスピーチにおいてアッセンブリモデルが詳細に解説され、また、たくさんの例とユースケースを通して描写されている。
  • C++/C/COBOLマッピングとプログラミングモデルの概観、またC++、C、COBOLで記述された実装のサポートを取り上げている。プログラミングインターフェースとアノテーションのサポートも導入される。進行基準と実装に関する情報もまた提供される。
おそらくOASISとOpenCSAメンバーは後にBPELとJavaでフォローアップするだろう。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/opencsa-webinars

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT