BT

Enterprise SOAの為に鐘は鳴らない?

| 作者: Mark Little フォローする 14 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月5日. 推定読書時間: 4 分 |
最近Joe MacKendrick(source)は”大企業の”SOAが終わりに近づいているかどうかという興味深い記事(source)を出している。Joeが提示しているように、SOAに対するより現実的なやり方が前に進む方法であるという見解もある(source)
SOAがブロガー、アナリスト、カンファレンス、メディアそれぞれにおいて、その問題がエンタープライズレベルで表面化していなかったためSOAがどのように成功していないかというディスカッションがくり広げられてきた。代わりにSOAは部門、単一のビジネスユニットセットにおいて主に見受けられてきた。
ZapthinkはSOAと彼らの呼ぶPrgramatic SOAへのアプローチに関して長年にわたって論議してきた。以前の記事で報告したように、
SOAでの成功はほとんど包括的な変更を必要としない。代わりに慎重にSOAバトルを選択するアーキテクトは、制限されたスコープのプロジェクトを通してSOAの約束をビジネスに提供することができるのである。この要点を見逃すアーキテクトは、SOAの成功のハードルを自ら高く設定しすぎてしまうのだ。
同じような論議がほとんど全ての新たなテクノロジーにも当てはめられる。いくつかの例外はあるが、採用への進化的なアプローチが革新的なアプローチよりも成功率が高いのにはたくさんの理由がある。その組織が大きいほど、そしてあり得るデプロイメントの機会のスケールが大きいほど、必要な時間内で必要な変更に対する同意を得られるチャンスが少ないのである。JoeはZapthinkが下記のように言っているところ、"ゲリラ SOA"のエコーをどのように聞くかということに関して論議を続けている。
...特定のビジネス問題を提示するための目標の定められた軽量の取り組み VS たくさんのベンダー達に援助された大規模なSOAアプローチだ
しかしながらJeff Schneider氏はJoe氏に同意していない(source)
「Joe」は真実と呼ぶのにはほど遠い、SOAが衰えていくということを暗に意味しています。私はそういう悪い情報は、SOAを知らない、または使わない人々から来ると信じています。そしていくつかのケースではSOAが処理してくれる混乱を逆に引き起こすのです。
また彼は"Guerilla SOA"に関してJoeと他の人たちに反対している。
”ゲリラSOA”を叫びながら走り回る愚か者たちを黙らせなければいけません。こういう人たちはまず初めにサイロ指向の考え方に責任がある人たちなのです。私たちがコーディングとリリースを始めるのに十分な条件を捕らえたところで、小さなAgileプロジェクトを提案するのです。それでどうなると思いますか?このスタイルの開発は共有サービスの概念と相反しているのです。それはもはやソリューションではなくて問題になってしまうのです。
更にMikoが提示しているように(source)エンタープライズSOAは大変なものなので(エンタープライズJava、エンタープライズCORBA、エンタープライズ XYZと同様に)、だからこの時点で成功例に限界があるのは不思議ではないのである。でも少し時間を与えて様子を見てみたい。
だからエンタープライズ(銀河系間の)の偶然性に注目することは、私たちにとって有益なことであるかもしれないのです。今の時点で”惑星間の”SOAを始めるのには十分なのです。Development MartiansをService Lifecycle GovernanceについてIT Operations Venusiansに話しをさせましょう。
Joeは両者に正しい点があることには同意しているが、彼はSOAの圏内で事は全て良好ではないという意見を支持している。
要はプロセスをリフォーム、再形成するためにSOAを一番必要としている組織は、SOAを一番採用しない組織であるということである。このような組織のほとんどにとってサービス指向はムラがあり不均一、無益でエンタープライズのサポートが全然無いか、もしくはサポートが全くないものになってしまうだろう。一度に成功するプロセスを構築しながら、それを独力で行わなければならなSOA支持者達はたくさんいるのである。ゲリラ戦略は前へ進むためのただ一つの道なのかもしれない。
しかしそれに対する同意がまったく無いわけでもない。”ゲリラSOA”かそれとも実際的なSOAであっても、どちらにしろJoeは、彼が携わってきた成功するエンタープライズSOAデプロイメントは、デプロイメントスペースのパーティショニングを伴っているが全体的な図は未だ実現されていないと言及している。
全てを全体的なエンタープライズのためには行わないのです。というのもそれは”エンタープライズSOA"の意味するところではないのです。代わりに彼らは彼らのエンタープライズをコミュニティに分けて、たいていの場合平行に攻撃するのです。
Joeの返答に対して、
多分私たちはSOAとなると小さく考えすぎなのだと思います。多分私たちは大きく考え始めなければならないのです。人生において何でも拘束されて制限された考え方は中途半端に終わりかねません。大きく夢見ることは新しい可能性、アイディア、イノベーションへの世界へと導きます。長い目で見て、SOAは単なる標準化されたインターフェースかもしくは能率化されたプロセス以上のものなのです。SOAは、企業家達の連合と経済圏の中にいる誰にとっても、新たな可能性を開く仲介されたサービスに組織を整理しなおす可能性を持ち合わせているのです。
原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/soa-long

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT