BT

Web 2.0 Expo Tokyo:ティム・オライリー氏と伊藤穣一氏が対談 日本市場について語る

| 作者: 中台 高宏 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年11月15日. 推定読書時間: 2 分 |

2007年11月15日16日、東京にてWeb 2.0 Expoが開催された。
初日のKeynoteは、10年ぶりに来日したティム・オライリー氏の挨拶の後、ティム・オライリー氏と伊藤穣一氏による対談が行われ、日本に関する話題が語られた。

オライリー氏から、日本市場への海外からの参入について質問された伊藤氏は、日本市場への海外からの参入の難しさについて語り、そして、日本参入には、Microsoftの西氏やYahooの孫氏のような、強力な日本のキーマンが必要である語った。

また、伊藤氏は、日本が特に進んでいる点としてモバイル分野を挙げ、日本のモバイルユーザが世界で一番進んでいると語った。
その例として、Mixi(日本最大のSNS)へのアクセスがPCより携帯が多くなった事、ユビキタスなサービスである「お手伝いのGPSを使ったマッチングサービス」の「おてつだいネットワークス」をあげた。
また、セカンドライフの携帯版が日本で開発された事もあげ、携帯分野での日本の先進性を語った。

その他、ゲーム業界の話や、日本での起業の難しさなどが語られた。

この対談の中で、オライリー氏から「アメリカではWeb2.0の次はモバイルだと考えられている」と何度か発言があった。
また、オライリー氏は、「Web1.0は閉鎖された世界だったのが、Web2.0からオープンな世界になり、多くの人にチャンスがある。」と語っている。
先進的なモバイルサービスが展開されている日本は、このモバイルのサービス分野でのイノベーターとなれるのではないだろうか。そのチャンスは、大企業だけではなく、個人やベンチャー企業にもきっとあるだろう。

 


以下、Web 2.0 Expo Official Guidebookより引用
伊藤穣一
株式会社ネオテニー 社長兼CEO
株式会社デジタルガレージ共同創業者/取締役
日本のインターネット黎明期からエコシス、デジタルガレージ、インフォシークなどのネット関連企業を立ち上げる。2000年に興したネオテニーではIT関連ベンチャー企業の支援・投資をスタート。現在は、デジタルガレージ共同創業者/取締役、シックス・アパートジャパン会場、テクノラティジャパン取締役、ネオテニーCEOの他、ICANN理事や、Creative Commons会長、Mozilla Foundation理事なども務め、つきの半分以上を海外にて活動している。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

セカンドライフの携帯版 by Nagao Tatsuya

先週行われた「QCon San Francisco 2007」でリンデン・ラボのVP、Ian Wilkesによるセカンドライフのシステム紹介が行われました。
qcon.infoq.com/sanfrancisco/schedule/friday.jsp
(資料はここ↑からダウンロードできます)

彼の説明によると、セカンドライフのシステム構成は、サーバ側のシミュレータ(“Monolithic C++ application”だそうだ)とクライアント側のビューワで構成されている。

携帯版セカンドライフというのは、携帯版ビューワということになりますね。

Re: セカンドライフの携帯版 by 高宏 中台

そうですね。携帯版セカンドライフというと語弊がありますね。携帯版ビューワが正しいです。
記事に書いた携帯版ビューワはSUNが発表したこちら↓になります。
www.suninc.jp/mobileviewer.pdf
こちら↓の記事を見ると概要が分かります。
k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/36...

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

2 ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT