BT

IBMがWebSphere MQにPowerShellサポートを付加する

| 作者: Jonathan Allen フォローする 595 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年12月21日. 推定読書時間: 2 分 |

PowerShellがメジャープレイヤー達に受け入れられ始めている。IBMは現在PowerShellを使用してWebSphere MQを管理することができることを発表した。チャンネル、リスナー、キュー、そしてサービスのようなWebSphereオブジェクトがコマンドラインから作られ、検査され、修正されるのが可能である。IBMのWMQブログがこれらのアクションをどのように実行するかを綴った一連の記事を掲載している(source)

IBMの発表に関して話す際に、Jeffrey Snover氏はまたPowerShellの起源とインスピレーション(source)に関して少し語った。

PowerShellが多大にUnixからインスピレーションを得たと感じている人はたくさんいるでしょう。それは事実で私達はそのコミュニティをその取り組みに対して深い尊敬と賞賛を持っています。それを前提にしてPower Shell用の概念モデルであるAS400 CLとVMS DCL modelsがどれだけ影響力があったかというステートメントに関しては、なぜかなんらかの理由でみんな注目しないのです。

AS400 CLとVMS/DCLはその一環したネーミングにおいて徹底していました。これはオペレーターたちがそれらのシステムを愛している理由の一つなのです。ネーミングを学ぶことに力を入れることによって、それが一貫性のあるものになり、また覚えやすいものとなります。両方のシステムが一貫性を確実にする個別のコマンドの代わりにパースを行っています。UNIXモデルはパイプラインが区別されていないバイトストリームであり、パイプライン内のコマンドが個別にいつどのようにそのデータを消費したら良いかを決断します。PowerShellはそのモデルを拒否し、IBMの従来のRECORD指向性により遥かに足並みをそろえたモデルに置き換えました(そうです!CARD DECKSを考えてみてください。)。私達はPowerShellが”オブジェクトベース”であると言っています。それはより真実に近く、また2語で表せるくらい正しいですが、現実はそのパイプラインの中のオブジェクトとコマンドライン上のオーギュメントがRECORDを作るために合体しているのです。そしてそのエンジンはその記録をどのようにコマンドレットのパラメータにバインドするかを決定するので、私達はそれをProcessRecord()メソッドを呼ぶのです。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/12/PowerShell-WebSphere-MQ

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT