BT

マイクロソフトがS+Sを用いてSoftware-as-a-Serviceのリファレンスアプリケーションである、LitwareHRをアップデート

| 作者: Udi Dahan フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2007年12月5日. 推定読書時間: 2 分 |
企業でのsoftware-as-a-service(SaaS)に対する注目度が高まるにつれて、マイクロソフトはSoftware+Service (S+S)モデルを作り出すために、Saasリファレンスアプリケーション(サイト・英語)であるLitewareHRのアップデートを行った。ローカルと"in the cloud"ソフトウェアの統合を可能にし、S+Sは今日ホストされているソリューションにおいて欠如している接続されていない状態、つまりオフラインのシナリオを可能にする。Salesforce.com(サイト・英語)によって人気になり、SaaSは初期の採用段階を抜け出し、今やたくさんのCIOとISVのレーダーとなっている。MSDNソリューションアーキテクチャセンターはSaaSを下記のように説明している(source)
数十年に渡って会社はソフトウェアを彼ら自身のインフラストラクチャ内で動作してきた。Software as a Serviceはソフトウェアそれ自体を所有するためでなく、使用するために支払う新たなデリバリーモデルである。SaaSのシナリオではソフトウェアプロバイダはその可用性に責任がある(メンテナンス、スケーラビリティ、障害回復、他)。それが会社がお金を払って買っているものなのである。
このLitewareHRのリリースは”強化されたバックエンド機能を含んでおり、新たなSmart ClientとSilverlight Streamingとの統合を含んでいる”。アーキテクトは”異なる拡張テーブル、固定されたコラム、XMLデータタイプのような拡張性パターンでデータ ベースのパフォーマンスとスケーラビリティを査定する”のを可能にする新たなパッケージから、多大に恩恵を受けるだろう。

マイクロソフトのアーキテクチャストラテジーチームでSaaSアーキテクチャのディレクターであるGianpaolo Carraro氏(ブログ・英語)は、このリリースにおいて実行されたアーキテクチャ的な挑戦を概説した(source)
  • マルチテナンシー
  • アプリケーショのンカスタム化:UIにおいてテナント拡張用のメタデータ駆動のアプリケーション、ビジネスロジックとデータアクセスレイヤー
  • 拡張可能で、マルチテナントアプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティ
  • サービスレイヤーデザイン:異なる利用体験を可能にする機能的なWebサービスとメタデータWebサービス(マルチヘッドアプリケーション)
  • CLAIM(CLinical Accounting InforMation:医事会計-電子カルテ連携のためのデータ交換仕様)ベースのオーソリゼーション
  • テナントリソースプロビジョニング
リファレンスアプリケーションのガイダンスとSaaS/S+Sにおけるマイクロソフトの取り組みに関する更なる情報は、Eugenio Pace氏のブログ(ブログ・英語)にて参照してほしい。全てのドキュメンテーションとガイダンスが盛り込まれたアプリケーションそれ自体はCodeplexのサイト(サイト・英語)からダウンロード可能となっている。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/litware-v2

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT