BT

InfoQ ホームページ ニュース 第二のWS-CDLツールスイートが誕生

第二のWS-CDLツールスイートが誕生

ブックマーク
W3Cを介したWSCIから進化した(source)WS-CDL(サイト・英語)が誕生して数年が経つ(source)。WS-BPELの競合と誤解される(source)という変わった経歴を持っていた(source)。しかしながらその仕様を理解するのに時間を費やし、人々はたいてい去っていった。Jeff Schneider氏(ブログ・英語)は下記のように述べている。
オリジナルのWS-CDL仕様は感激するまでのものではなかったが、その概念は賛成できるものであった。私はその仕様を再度理解するに至っていないが、近いうちに行う予定である。BPELに関連した基礎的な集約問題を理解するのには少し時間を要するのである。その時までその代案は大いに無視されることになるのだ。
それかもしくはCharlton Barretto氏(ブログ・英語)は下記のようにコメントしている(source)
CDLは、詳細は他の人々に必然的に公開される事なしにそれぞれのステークホルダーたちにそれぞれのレベルの詳細のための方法を提供し、ビジネスステークホルダー、ビジネスアナリスト、エンタープライズアーキテクトとアプリケーションエンジニアが同期して、同じシステムにおける彼らの見解を共有するのを可能にする。またCDLはそれぞれのレベルで要求を強化するために必要な情報を提供する。このスタイルにおいてCDLは、SOAの「A (Architecture)」を提供し、アーキテクチャがモデル化され、描写、 実装される方式を提供する。
しかしながらこれにも関わらず(もしくはOracleの例外と共にその始まり以来WS-CDLをサポートした主要ベンダはいなかった。)(source)、デベロッパが使用するツールには限界があった。オラクルのサポートに関わらず、WS-CDL実装もないというのもまた面白い。実のところ最近まで唯一つのオプション は、HatTrick Software(サイト・英語)のPi4Technologies Foundation(サイト・英語)に関連したツールであった。それはSteve Ross-Talbot氏(サイト・英語)が標準の共同著者である事を念頭に置くと驚くべきことではないのである。しかしながら「1」というのは大変孤独な数字で(source)、WS-CDL は他のWS-*がもたらした影響をもたらしていないのである。

今という今までである。Steve氏が彼のブログにて下記のように述べている(source)
最後に、クリスマスが早く来たようだ。中国のHongbing Wang氏におめでとうと言いたい。新たなWS-CDLツール一式が誕生し、(ツールは)Pi4 Techだけではなくなったのだ。

私はもっとたくさんの人が戦いに参入することと思います。

http://wscomposition.seu.edu.cn/index.html
歌でも歌われているように(source)、”2も1と同じように寂しくなり得る。1の次に孤独な数だから。”ということなのである。これは大きな波ではないかもしれないが、さざなみが起こるかもしれない。最終的に、人々がWS-BPELが最終的なソリューションでない(source)と分かるにつれて、WS-CDLはメインストリームへの道を歩み始めたのかもしれない。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2007/11/wscomposition

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。