BT

InfoQ ホームページ ニュース ケーススタディ:JavaプログラミングスキルをFlexに採用

ケーススタディ:JavaプログラミングスキルをFlexに採用

ブックマーク

Adobe Flex Developer Center(サイト・英語)で掲載された記事においてBill Bejeck氏はFlexを用いたコンポーネントの作成、またFlexでのコンポーネントの分け方における自身の経験をJavaデベロッ パという立場から述べている(source)

Flexを使用し始めた際のBejeck氏の第一印象は下記のとおりである。

Javaデベロッパとして、私はそれがActionScript3.0に親しみ深いことに大変驚きました。またそれがラーニングカーブを緩和するのです。一旦Flexを使い始めたら私が慣れ親しんでいる記述ソフトウェアに対するアプローチ全てとは言いませんが、ほとんどのものに使用することができるのを発見し、嬉しいばかりです。

その記事においてBejeck氏はインヘリタンスとコンポジションを伴う混合物を作成しようとしており、また特にビューとビジネスロジック間におけるコンポーネントの分離を試みている。彼は下記のように述べている。

経験あるJavaのWebデベロッパとして、私はJSPページがプレゼンのためのみに使用されるべきであることを学びました。全てのビジネスロジックはクラス内にあるべきで、またもしあなたが絶対的にJSPページ内にコードを持つ必要があるのならば、それをカスタムタグの中にラップすることができます。

FlexにおいてActionScriptコードはタグを使用してMXML内に含むことができる。またそれはJavaコードが組み込み可能なJSPページの機能に似ている。しかしながら他のプログラミングプラットフォームでの作業から学び、Bejeck氏はビジュアルコンポーネントがActionScript 3.0に定義されていて、コンポーネントがどのように表示されるかを決定するのにMXMLを使用する"code behind"という実践法を起用している。このアプローチに関してBejeck氏はリーダー達に下記のように指摘している。

これはアプリケーションの構築用のアーキテクチャ的なアプローチです。もしあなたがクイックプロトタイプを行っていたらこの"code behind"テクニックを使用する必要はありません。

そしてBejeck氏はコードセグメントを用いて、カスタムコンポーネントとイベントハンドラを構築するためにDataGrid、Panel、TextInputとButtonのようなFlex内蔵のビジュアルコンポーネントをどのように拡張したのかというプロセスを詳細に解説した。最後には八本のコードMXMLファイルがUI表示のためとクリーンなUIデザインを実践するために示される。

Bejeck氏は下記のように結論付けている。

見て分かるように"code behind"アプローチを使用してあなたのコードは大変簡潔で保持しやすいものになります。より複雑なアプリケーションを構築するにつれてコンポーネン トを把握することができるのみではなくあなたのアプリケーションへの変更を保つことができたいへん管理しやすくなります。

Bejeck氏はまたActionScipt 3でのプログラミングに興味がある読者達に対して二つの本を薦めている。それらは下記のとおりである。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/01/case-study-java-to-flex

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。