BT

InfoQ ホームページ ニュース 成長し続けるExtJSエコシステム

成長し続けるExtJSエコシステム

ブックマーク

新たなサーバサイドのツール(source)がExtJS(source)クライアントサイドのJavascriptフレームワークの周辺で芽を出し始めている。現在はコミュニティがJava Enterprise Edition、Cold Fusion 8.0、Google Web TookitとRuby on Rails 2.0用に開発したサーバサイドのサポートもある。これらのツールの目標は、彼ら各自のプラットフォームとExtJS間のインターフェースを標準化することである。

ExtTLD(source)はExtJS用のJEEタグライブラリである。それによってJavaベースのフレームワークでコンテンツアシストドキュメンテーションとの統合が可能になる。デベロッパはXMLを使用して自身たちのインタフェースを宣言型に描写することができる。そしてExtTLDはマークアップをExtJSイ ンタフェースオブジェクトに変換する。ExtTLDはXMLインタフェースディスクリプションのフィールドプロパティを検証する。

ColdFusionスペースにおいて約束された二つのソリューションは未だ初期段階にある。Dan Vega氏によるcfExt(source)とJustin Carter氏のColdExt(source)である。Cold Fusion 8.0はExt JS 1.0と一緒に出荷されたが、それ以来ライブラリは2.0という劇的な進展を遂げている。これらのツールはCold FusionのデベロッパたちがCold Fusionのタグライブラリに居る間に最新のExt JSとつなぐのを可能にする。

MyGWT(source)はGoogle Web Toolkit用のオープンソースJavaライブラリである。Google Web ToolkitはデベロッパたちがJavascriptにコンパイルされるJavaの中でクライアントサイドのアプリケーションを書くのを可能にする。MyGWTはExtJSskinを用いてそのネイティブUIコンポーネントをラップするGWTへのプラグインである。GWTアプリケーションはこのツール を使用して洗練されたExtJSルック&フィールを得ることができる。

Ruby on Rails用のプラグインも存在している。Ext Scaffold Generator Plugin(source)は、Ext JSとRuby on Railsを用いてCRUDベースのアプリケーション開発用の活性化要素を提供する。GL NetworksのWebサイトには下記のように記載されている。

Ext Scaffold Generator PluginはRails’スタンダードリソースジェネレータ用の交換品としてみることができる。これとまったく同じオプションを受け入れると、Ext に互換性のあるJSON Webサービスとして働くコントローラと同様にExt JS Javascript GUIフレームワークからデータグリッドとフォームコンポーネントを使用してビューを生成するだろう。生成されたコードは更なる実装のスタート地点として使うことができ、またバックエンドとしてどのようにExt JSライブラリとRailsの統合するかという事に対するソリューションの概説を提供する。

Ext JSはリッチインターネットアプリケーションの開発用に既に素晴らしい設備を提供している。最も優れたJavaScriptデー タグリッドの実装もある。それはシームレスに主要コアJavascriptライブラリ(Prototype、YUI、jQuery)全てと内部動作する。 採用を早め、またラーニングカーブを緩和するこれらの新たな機能と統合されExt JSは考慮に値するRIA開発プラットフォームである。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/01/extjs-ecosystem

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。