BT

InfoQ ホームページ ニュース OSGi用のSpring Dynamic Modules: OSGiアプリケーションの簡易化された開発を目指して

OSGi用のSpring Dynamic Modules: OSGiアプリケーションの簡易化された開発を目指して

ブックマーク

以前Spring OSGiとして知られていた(source)OSGi(サイト・英語)プロジェクト用のSpring Dynamic Modulesが先日そのバージョン1.0(source)をリリースした。InfoQはこのリリースの詳細、またそれによってSpringコミュニティに何がもたらされ るのかを探るため、SpringSourceCTOであるAdrian Colyer氏(ブログ・英語)とSpring Dynamic ModulesプロジェクトリーダーのCostin Leau氏(ブログ・英語)と対談した。

Adrian Colyer氏はSpring Dynamic Modulesプロジェクトの背景にある理念を下記のように説明した。

その根本的なゴールは、アプリケーションデベロッパ達がエンタプライズアプリケーションを書いている時にOSGiプラットフォーム(モジュール性、バージョ ンサポート、モジュールライフサイクル・オペレーション)を利用するのを可能にすることです。これを製品の構築においてOSGiを使用しているベンダが行っているアプローチと対比してみてください。でもOSGiの利点をこれらの製品にデプロイされているアプリケーションには受け渡さないで下さい。私達は OSGi Service Platform(ユニットテストを簡単にする機能のために保持されている)に結合されたコードを記述する必要、また明白に処理する必要なしに簡単にOSGiを利用するのを可能にしたいのです。Spring Dynamic ModulesはOSGiService Platformの精巧さを用いて簡易性とSpringの強みを合体させます。

Costin Leau氏はバージョン1.0のメインゴールはOSGi環境内でSpringアプリケーションを用いて作業するための安定した、また強固な基盤の作成であったと述べた。Leau氏はこのリリースにおける主要の機能を下記のように説明した。

  • Springバンドルの自動ディスカバリ-アプリケーションコンテキストはそれがOSGi-aware Osgi ServiceFactoryBean(source)によって始められる際に自動で各Springバンドル用に作成され、また現在のアプリケーションコンテキストはOSGiサービスによってエクスポートされる
  • Springサービスのインポートとエクスポート-OSGiバンドルとしてSpringサービスをエクスポートすることはOSGiベースのサービスをインポート(source)するのと同様XML一行(source)である
  • サービスリファレンスとコレクションを通した動的ハンドリング-もしサービスがアップデートかもしくは再デプロイされたらそれを参照にしたサービスが自動的にアプリケーションの再起動の必要なしに新たなバージョンを取得する-これにはそれらが登録・非登録されるように付加・削除されるサービスを伴う、与えられたインターフェースにマッチするサービス一連が含まれている  
  • イベント告知用のリスナーメカニズム-ビーンズはOSGiバインド・アンバインド用(source)、レジスタ・アンレジスタイベント用(source)に XMLの一行を伴う与えられたOSGiを用いてレジスタ可能
  • 包括的な統合テストフレームワーク-統合テストはたくさんのOSGi可能JUnitテストクラスを含むorg.springframework.osgi.test(source)パッケージによって行う

Leau氏はまた1.0に搭載されている機能の詳細解説がリファレンスドキュメンテーション(source)にて入手可能であることを指摘した。

OSGi仕様の起源がモバイルスペースにあるため、InfoQはColyer氏にSpring Dynamic Modulesのモバイルバージョンを作るプランがあったかどうかを尋ねた。Spring 2.5(source)への依存性、言い換えるとJDK1.4への依存性のためそれは現在可能ではなく、現在モバイルバージョンのSpring Frameworkを作成する予定はないとColyer氏は述べた。しかしながらColyer氏はアプリケーション開発の簡易化を追求しているOSGiデ ベロッパたちから多大な興味が示されていて、またほとんどのデベロッパたちはエンタプライズの分野に居るものの、モバイルバージョンへの需要が高まればそれを作成するための投資が正当化されるであろう事を示した。

Spring Dynamic Modulesの将来的なプランに関して尋ねたところColyer氏は下記のように述べた。

1.0のリリースによってSpringを原動力としてOSGiベースのアプリケーションを作成するための強固な基盤が提供されます。次なる大変重要なス テップと1.1リリースの重点は現在よりもWebアプリケーションをOSGiの下での構築をより簡易にすることに重点を置くのと共にOSGi Serviceプラットフォーム内で共通のエンタプライズライブラリを使用するのを簡単にすることです。SpringSourceは またOSGi Enterparise Expert Group(source)においてとても活動的で、Spring Dynamic Modulesプロジェクトで発見したたくさんのアイディアをOSGi R5仕様までの道のりで役立つことを期待しています。Spring Dynamic Modulesはその時点でそのような標準に対するサポートを追及していくことは確かです。

Colyer氏はまたJSR 277のような他の動的モジュールフレームワークをサポートする計画はない事を指摘し、また”業界の勢いは明らかにOSGiに追いついていないように見えます。”と述べている。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/01/spring-dm

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。