BT

InfoQ ホームページ ニュース Article: Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その1)

Article: Spring 2.5の新機能を使ってアプリケーションを作る(その1)

ブックマーク
Spring Frameworkは、コンテナによってBeanのインスタンスの生成や関連付けを管理するDIコンテナです。Spring Frameworkでは、POJO(Plain Old Java Object)といわれる、コンテナやフレームワークが提供する特定のクラスを継承したり、特定のインターフェースを実装する必要がない単純な JavaBeansをコンテナ上で管理します。また、トランザクション管理やAOPなどのコンテナが提供する機能を、設定によりコンテナ上のBeanに追 加することができます。このような特徴により、Spring FrameworkではPOJOを組み合わせて強力なアプリケーションを作成することができます。
ただし、Spring FrameworkにBeanを登録したり、コンテナが提供する機能を利用するためには、いろいろと設定をしなければいけません。Spring Framewrokでは、XMLを用いてこの設定を記述するのですが、この記述はプログラマにとってあまりエキサイティングなものではなく、特に多くの Beanを利用するようなアプリケーションでは、設定ファイルが巨大になるため、その見通しの悪さや記述の冗長性から、XMLで記述する設定ファイルは、 Spring Frameworkを利用する上で多くのプログラマが不平を言うポイントのひとつでした。
当初のSpring Frameworkでは、XML以外に設定を記述する方法がなかったのですが、Spring Frameworkのバージョンも2.0、2.5と進むうちに、様々な設定をアノテーションを用いて記述できるようになりました。ここでは、XMLを用い て設定をしていたアプリケーションを、アノテーションを用いた方式に書き換えることにより、どれだけXMLの記述量を減らせるか、どのようなところをアノ テーションで記述し、どのようなところをXMLで記述する必要があるかといったポイントを検証していきます。

本記事の続きをご覧頂くには、以下のリンクからご参照ください。
http://www.infoq.com/jp/articles/spring2.5-1

また、Springに関連する記事の一覧は、以下のリンクからご参照ください。
http://www.infoq.com/jp/spring

Spring2.5に関する記事は、以下もご参照いただけるとより理解が深まるかと思います。
http://www.infoq.com/jp/articles/spring-2.5-part-1

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。