BT

InfoQ ホームページ ニュース Flex・Flash開発用のサードパーティ製ツール

Flex・Flash開発用のサードパーティ製ツール

ブックマーク
Flex開発プラットフォームへの関心が高まる中、業界も各種ツールでサポートを始め、開発者はAdobe Flex Builder IDE以外の選択もできるようになりつつある。

JetBrainsは先週の2月5日(source)、自社製品IntelliJ IDEAでFlexをサポートしたとを発表した。
IntelliJ IDEAを使ってAdobe Flexベースのリッチインターネットアプリケーションをより簡単に作る方法を待っていた方々に嬉しいニュースがあります。


多くの新機能がバージョン7.0.3には搭載されています。7.0.3はまもなく出ますが、既にアーリーアクセス版として利用できます。
  • MXML・ASファイルでのスマートなコード補完。両方に関係するコード記号、mx:Scriptブロック内やMXMLタグのアトリビュート内でのコード補完にも対応。
  • 自動的に行うコードのフォーマット、ハイライト、スタイル設定
  • コンパイルなしで行えるコード検証と即時可能なクイックフィックス
  • パフォーマンスのボトルネック、バッドプラクティスなどの問題を検証する機能
  • 豊富なリファクタリング機能
BEAのWorkshop Studio IDEにはFlexをバンドルするオプションがある。これを使えばJEEアプリケーション開発と同じ環境でFlexアプリケーション開発が行える。James Ward氏の最近の記事(source)では、これも最近リリースされたBlazeDSを利用する方法を紹介している。
新しくFlexバンドルがされたことで、BEA Workshop Studioを既にお使いいただいている開発者のみなさんがアプリケーションのビジネスロジックを組むのと同じIDEでRIAを作ることが可能になります。BEA Workshop StudioにFlexがバンドルされたことは洗練された機能性をもたらし、Flex Builderを使っている開発者の方々も、同じIDEでバックエンドのJavaコードを書いてデバッグすることができるようになります。
パワフルなAcstionScript 3(Flash Player向けのプログラミング言語)のエディタを探している人にはFDT(source)も選択肢となる。Matthew Keefe氏はそのEclipseプラグインについての詳細なレビュー(source)を書いている。
 長い間AdobeのFlex IDE(Flex Builder)がActionScript 3アプリケーションの唯一の開発ツールでした。しかし今はPowerFlasherのFDT3.0という選択もあるわけです。
サードパーティベンダがそれぞれのツールでFlexプラットフォームをサポートし始めたことで、Flexは成熟したプラットフォームになろうとしているようだ。すぐ近い将来にはFlex 3のリリースが待っている。

原文はこちらです:

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。