BT

JavaScriptのパフォーマンスの課題

| 作者: James Carr フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 八角研究所 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年2月21日. 推定読書時間: 1 分 |

最新の web2.0 アプリケーションを開発するとき、パフォーマンスの問題は切っても切り離せないものである。そして、多くのパフォーマンス問題は何気ない操作によって生じるのである。最近、Coach Wei 氏(source)は、様々なブラウザ毎のパフォーマンスの違いと同様に、ブラウザ毎の Javascript 動作の速さに関して調査する仕事(source)を引き受けた。その調査の結果は、それほど驚くようなものではなかった。

案の定、eval 関数のパフォーマンスはどのブラウザ上でも非常に遅く、劣悪なものだった。 しかし、eval 関数の実行速度は、IE7 と Firefox ではそれぞれ 172ns、546ns と劣悪なものであったが、それらに比べて Safari では 9.4ns と速く、その点に関して非常に興味をそそられる調査結果となった。一方、配列に対する shift と join の操作はどのブラウザ上でも重い。

IE は他のブラウザに比べて特に内容領域(Box model)の計算、文字列の操作、そして DOM といった重要な分野でパフォーマンスの悪さが目立つ、という予想通りの結果となったのは興味深い。同様に興味深いのは、(すでに述べたとおり) DOM 操作は全てのブラウザバージョンを通じてコストがかかるが、新しいバージョンでは多少の改善が見られるということだ。しかし、同じことで innerHTML と DOM を使用した場合、未だに innerHTML を使った方がパフォーマンスは良い。

調査において注目すべきその他の結果は以下のとおり。

  • Safari において、配列の pop 操作は、他のブラウザより特に遅い
  • computed style と computed box model の計算は負荷が高い…これは呼び出しのたびに currentStyle オブジェクトのプロパティが再計算されているためだと思われる
  • オブジェクト生成と in 演算子による操作は、Firefox が他のブラウザよりも遅い

パフォーマンスのボトルネックを調べる際の資料として、この調査結果は一見の価値があるだろう。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/02/javascript-study

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT