BT

Relax-WS:さらにWSDLを使用しやすく試行中?

| 作者: Mark Little フォローする 15 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年2月15日. 推定読書時間: 2 分 |
Webサービスに関する多くの事柄と同様に、WSDL(ブログ・英語)の賛否を問う白熱した議論(ブログ・英語)が繰り広げられている(WSDL 2.0が騒ぎを大きくする前からのことである)(参考記事・英語)。WSDLに対する主要な論争の1つは、サービスに対してWSDLを記述する際に関わる冗長や複雑さ(source)であ る。しかしながら、Relax-WSプロジェクト(source)はそこでソリューションを提供しようとしている。プロジェクトページが以下のように、うまく言い表してい る。
WSDLはSOAの重要な技術でありながら、これらのファイルを作成し編集することはボールの中にあるスパゲティのすべての麺を、ピンセットで真っ直ぐにするのと同じくらい楽しいことである。
その考えは、サービス、ポート、オペレーションおよびメッセージに対するサポートを追加することでRelax-NG Compact Syntax(source)を拡張することである。そのプロジェクトは補足としてではなく、サービスの契約の一部として、WSDLについて1から考えるようデベロッパに 促すことを目的としている。
プログラマーは、WSDLファイルから始める。そしてビルドの一部として、1つ以上のクラスで実装されるサービスのインターフェイスを生成する。ここでの課題は、WSDLを作成することにある。
そこで、たとえば比較的単純なサービスは以下のように定義することができる。
#
# This is "hello world" in relax-ws.
#
service Hello {

port {
operation SayHello {
in {
element name {xsd:string}
}

out {
element message {xsd:string}
}

}

}
}
そしてRelax-WSは関連するWSDLを自動的に生成する。しかし、これで本当にデベロッパはWSDLから自由になれるのか。WSDLを批評する人たち(source)を黙らせるのに十分であるのか。James Strachan氏のブログ(ブログ・英語)で、以下のようなコメントがある。
確かに立派ではあるが、これでは修正を必要とする同様の欠点を被るのではないか。「コード駆動の開発は迅速であるが、プラットフォームに固有の機能が容易に忍び込む結果を招き、クロスプラットフォームのクライアントがインターフェイスを利用できなくなってしまう」。

誤解しないでもらいたいのだが、WSDLを侮っているわけではない。ただ、Javaまたはrelaxng構文からのWSDLの自動生成もともに「クロスプラットフォームのクライアントが利用できない」という状況を作り上げると考える。
原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/02/relax-ws

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT