BT

InfoQ ホームページ ニュース Add-In FrameworkにPipline Builderを導入

Add-In FrameworkにPipline Builderを導入

ブックマーク

.NET 3.5に導入されているAdd-In Framework(ブログ・英語)は、一部信頼されているアドインをサポートする必要のあるアプリケーションを促進するよう意図されている。その機能には、互換性のあるアドインを発見する、それらを別々のAppDomainsに分離する、アドイン間やアドインとホストアプリケーション間の通信を取り扱うことなどがある。アプリケーションを再起動することなしに、アンローディングコードをサポートしたりさえする。

残念なことに、フレームワークはやや複雑である。CLR Inside Out(source)にある単純な例でさえも、最も単純なアプリケーションをビルドするのに合計7アセンブリーを必要とした。この多くは完璧に動作しなくてはならないさ まざまなコントラクト、アダプターおよびビューを定義するために使用される、単なるボイラープレートコードである。

これがJavaに記述されるなら、負荷を軽減するためにXML記述子ファイルのようなものを探し始めるのであろう。しかし、真の.NETのやり方で は、IDEにビルドされるコード生成装置に頼る。この場合、IDEアドインはVisual Studio 2008のPipeline Builder(source)である。

Pipeline Builderはまだプレリリースの段階にあり、今回はC#のみをサポートしている。Pipeline Builderを使用するプロジェクトは特別な依存性を持たず、実働使用に適している。

ソースコードはVS 2005で記述され、CodePlex(source)で使用可能である。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/03/Pipeline-Builder

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。