BT

Article: タグからリッチへ: Web 1.0からFlexへ

| 作者: 白石 俊平 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年3月19日. 推定読書時間: 2 分 |
この記事では、James Ward氏とShashank Tiwari氏が、Web1.0的なインターフェースをTo Rich Internet Applications (RIA)を使ったインターフェースに移行する方法を、サンプルを交えながら説明しています。

はじめに

iPhone の成功によって明確に示されたのは、より対話的(インタラクティブ)なソフトウェア体験をユーザたちは望んでいる、と言うことでした。対話的であればある ほど、アプリケーションが持つ機能を効率的に利用し、より高い効果を挙げることができます。そしてそれが(個人的な情報管理だけではなく)エンタープライ ズな業務アプリケーションにとっても、対話性が非常に重要である理由です。業務アプリケーションにおける「よりよい対話性」とは、ほとんど「データの視覚 化」を表します。なぜなら、業務においてより効果的・効率的であるということは、よりよい意志決定や、利益が即座にもたらされることと同義だからです。 ダッシュボードはデータを視覚化するアプリケーションの典型的な例です。興味深いことに、今日における多くのダッシュボードは、効果的なユーザ体験を作り 出すための対話性に欠けています。そこで我々は、典型的なWeb 1.0のダッシュボードを、より対話的でリッチなダッシュボードに改良することにしました。私たちは、車輪の再生産を行ったり、アプリケーション全体を一 から作成するわけではありません。代わりに我々はインターフェースを再作成し、既存のサーバサイドインフラにそれを組み込みました。そうすることにより、 私たちは素早く、しかし実用的な(Web 2.0アプリへの)変換を実現したのです。

今回のエクササイズで私たちが使用するダッシュボードは、オープンソースで提供されているPentaho BIスイートの一部です。データとビューは、ディストリビューションに含まれているサンプルアプリケーションの一部です。

私たちが使うサンプルはダッシュボードですが、そのコンセプトは、Web 1.0からRIAへの移行を必要とする全てのプロジェクトに適合します。私たちは、RIAのツールキットとしてAdobe Flexを選びました。私たちが今回論じているのは全てFlexフレームワーク、Flash VM、サポートされているライブラリについてです。

続きをご覧になりたい方は以下URLよりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/web-flex-port

また、RIAに関する他の話題をご覧になりたい方は、以下URLよりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/ria

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT