BT

AmazonのEC2がアップグレードして永続ストレージが利用可能に

| 作者: Dionysios Synodinos フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 金森 諭 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年4月29日. 推定読書時間: 5 分 |

Amazon のHadware as a Service(HaaS)であるElastic Computer Cloud(EC2)が永続ストレージを機能リストに追加しようとしている。AmazonのCTOであるWerner Bogels氏はEC2のインスタンスにストレージボリュームがどのように加えられ(source)、どのようにエラーやデータの一貫性を扱うかを説明している。またAmazonのストレージサービスであるS3にスナップショットをバックアップする方法についても述べている。

InfoQにはEC2の裏側にあるテクノロジとメリットについて書いたいくつかの(source)l記事(source)がある(source)

ケンブリッジ大学のXen仮想技術(source)をベースにしたAmazonのElastic Computer Clour(source)(EC2) は、ユーザが必要とする時にLinuxサーバのインスタンスを作り起動し終了することができるコンピューティングサービスです。各仮想マシンのインスタンスは起動時にDHCPでIPアドレスを割り当てられる仮想的なプライベートサーバとなります。仮想マシンのイメージはAmazonでAmazon Machine Images(AMIs)と呼ばれ、VMwareのアプリケーションと同様にアーカイブや移動が可能です。そのためディベロッパはソフトウェアの入ったイメージのインスタンスをセットアップするだけでよく、またこれを多くの仮想サーバにを短時間でデプロイすることが可能です。

これまでEC2を採用する妨げとなっていた主な理由は永続ストレージがないことだった。しかしこのことはAmazonに認知されるとことなり、そのCTOであるWerner Vogels氏がブログで書いたようにEC2の機能に追加されることになった(現時点ではまだアーリーアクセス)。

みなさんにAmazon EC2の新機能をご紹介したいと思います。それは永続化可能なローカルストレージです。これはEC2の顧客からのリクエストで上位にあったものです。今月はAvailability ZonesとElastic IP Addressの機能が先にリリースされていますが、これらと一緒に機能することでEC2は高度にスケーラブルで信頼性のあるアプリケーションを構築するのに理想的な環境となると確信しています。 

Amazon EC2の永続ストレージは、EC2インスタンスに素のブロックデバイスとしてマウントするストレージボリュームの形で提供されます。基本的にはフォーマットされていないハードディスクのような感じです。ボリュームを最初にマウントした時のフォーマットではお好きなファイルシステムでフォーマットできますし、その後に高性能データベースエンジンなどのアプリケーションを置けば直接それらを使用することが可能になります。

氏はユーザがストレージボリュームのスナップショットを取ってS3に保存することも可能になると説明している。

・・・私たちはスナップショットの機能を取り入れました。ユーザはボリュームのスナップショットを作りAmazon S3に格納するようにEC2を動かすことができます。この機能はバックアップやストレージのロールバックに使えますし、また(ネットワークに存在する)ボリュームの再構成のために使うこともできます。.

Amazon Web Services(AWS)を使ったクラウドコンピューティングのサーバ設置のプラットフォームを提供しているRightScale社のThorsten von Eicken氏は、ブログで今回の新機能のアーリーアクセス体験を記している(source)

ストレージボリュームとクールなスナップショット機能が加わったことでこれ(クラウドコンピューティングはスケールや価格の面で自前のデータセンタを上回るだけでなく、機能の面でも優れるようになるということ)が事実であると証明されました。クラウドコンピューティングを使用すれば、自分たちでマシンを設置するよりもずっと強力なコンピューティングの馬力と柔軟性をワンタッチで手に入れることができるようになります。これはアジャイルソフトウェア開発のようなものです。もしインターネット/ウェブのサービス競争を生き抜こうとするならクラウドコンピューティングを用いるべきです。そうでなければ競合相手の方がより速くより速くより安くサービスを提供可能になり、あなたはその後塵の中に取り残されることになるでしょう。

AmazonのJeff Barr氏は永続化機能についてもう少し技術的な詳細を述べていて(source)、またストレージを必要に応じて確保できることを強調している。

私は土曜日にこの新機能の検証を行ってみました。そしてほんの数分のうちに512GBのボリュームのペアを作り、それらをEC2インスタンスにアタッチして、mkfs(source)でフォーマットし、マウントすることができました。さらにアンマウントしデタッチして最後に削除することまでできたのです。

おそらく私には偏見があると思うのですが、要求ベースで大きなストレージを用意できるこの性能はかなりクールなものです。

AmazonのEC2チームのMattという人もこの新機能について語っている(source)

ユーザは1GBから1TBのボリュームを複数作ることができ、複数のボリュームを一つのインスタンスにアタッチすることができます。ボリュームはEC2で高スループットを出し低ラテンシアクセスできるように設計されていて、実行中のEC2インスタンスにアタッチすることができ、アタッチされたボリュームは EC2インスタンスからデバイスとして認識されます。この機能はリレーショナルデータベースからAmazon EC2を使ったHadoopクラスタを構成するための分散ファイルシステムに至るまで、全てのこともより簡単にできるようにします。また永続ストレージのリリースに合わせて、Amazon EC2に永続ストレージをサポートする新しいAPIが追加されます。これにはボリュームを管理するための呼び出し(CreateVolume、 DeleteVolume)、ボリュームをインスタンスにマウントする呼び出し(AttachVolume、DetachVolume)、そしてスナップショットをAmazon S3に保存する呼び出し(CreateSnapshot、DeleteSnapshot)が含まれます。

Amazonはこの新機能が既に一部の顧客によってプライベートで使用されていて、公開は今年遅くになるだろうと発表している。infoq.com/jp/amazonでは他の情報を読むことができる。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/04/amazon-storage

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT