BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

循環的複雑度に関する再確認

| 作者: Gavin Terrill フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年4月3日. 推定読書時間: 2 分 |

循環的複雑度(ブログ・英語)とは、ソフトウェア測定法であり、指定されたコードの複雑度を測るのに使われる。コードから実行経路数を数える。たとえば、分岐を含まない コードのブロックの複雑度が1だとする。if文を追加すると2つの経路が生じ、一方はif文での条件が真となる場合の経路で、もう一方はそれが偽となる場合の経路である。

ソフトウェアデベロッパは可読性を高めるよう、複雑度の小さいコードをビルドし、維持するよう取り組んでいる。しかしながら、近ごろメトリクスダッシュボードプロバイダであるEnerjy(source)が研究結果を発表したことで、その理論に疑問が投げかけられている。Enerjyは、数万にもおよぶソースファイルを 分析(ブログ・英語)し、循環的複雑度(CC)に対して問題の相互関係を示した。

研究結果では、CCが11のファイルがエラーが潜在している可能性が最も低いことを示している(28%)。CCが38のファイルは50%の確率でエラーが潜在している。CCが74以上のファイルでエラーが潜在しているは、98%以上であると決定付けられた。

SDTimesのAndrew Binstock氏(source)が興味深い見解を示した。

Enerjyが発見したのは、CCNが1から25のルーチンは、CCNが大きくなるとエラーになる可能性が高くなるという予想される結果にはならないこと である。もっと正確に言うならば、CCNが1から11までについては、CCNが大きくなればなるほど、バグの可能性は低くなるということである。CCNが 25に到達してはじめて、CCNが1のルーチンのエラーの可能性までエラーの可能性が上昇した。

Enerjyによる研究結果によって、CCの数え方に関して多少の混乱が生じた。Keith Braithwaite氏(source)は、Enerjyの研究ではメソッドレベルではなく、ファイルレベルでCCを数えている、と指摘した。Christopher Beck氏(サイト・英語)は、The Quality of TDD(source)に同意を示したコメントを以下のように残している。

それは、CCではない (上にCCと呼ぶべきではない)。どちらかといえば、それはクラスのCCを数えるWWC(Weighted Methods per Class)と呼ばれる別のメトリクスに近い。

CCの計算に対するEnerjyのアプローチはともかく、明確になったことがある。それは、CCが74以上になると、かなりの確率でバグが出るということである。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/03/cyclomaticcomplexity

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT