BT

InfoQ ホームページ ニュース 最高の静的型付き言語を確保する

最高の静的型付き言語を確保する

ブックマーク

動的言語対静的言語の討論に同調して、Debasish Ghosh氏は、静的言語を用いてプログラミングしながら、動的型検査を使用するという問題を提起している。Greenspun's 10th Lawの一般的な法則を思い起こしている。それは「静的に型検査された言語の複雑なプログラムは、動的に型検査された言語のアドホックで、非公式に指定さ れたバグだらけの遅い実装を含んでいる」というものである。

Ghosh氏は、今日ではこれは必ずしもそうとは言い切れないと考えている(source)。たとえばGuice and EasyMockのようなJava総称型は、ランタイム型検査の施行に必要な次善策の回避を可能にすると主張している。

Java総称型を使用すると、これらのフレームワークがランタイム型検査の遅くバグだらけのシミュレーションをを使用して早期に実装される必要のあったケースの時間型検査のコンパイルを可能にする。GuiceとEasyMockが今使用している2つのフレームワークにおいて、総称型の能力を使用して、 並外れたtypesafetyを実装する。

実装をバインドする、コードの一部を見てみる。

Guice Binderを使用したインターフェイスServiceへの SpecialServiceImpl

public class MyModule implements Module {
public void configure(Binder binder) {
        binder.bind(Service.class)
                     .to(SpecialServiceImpl.class)
                     .in(Scopes.SINGLETON);
}
}”

「ServiceとSpecialServiceImpl間の「実装」関係がランタイムの間におこなわれる」ようだとしても、すべての型検査は実際にはコンパイル時におこなわれる。

Guiceのソースコードを見て分かることは、BinderImpl.bind() がBindingBuilderImpl ..を返すということである。

public BindingBuilderImpl bind(Class clazz) {
return bind(Key.get(clazz));

そして、BindingBuilderImpl.to()は、 入力Class - として受け取り、ワイルドカード上の境界が上記の引数の実装関係をコンパイル時間の型検査の一部として実行する。

public ScopedBindingBuilder to(Classextends T> implementation) {
return to(TypeLiteral.get(implementation));
}

Debasish Ghosh氏は、動的型検査を達成しようと試みるより、この種類のソリューションを使用することを主張している。それはGreenspun's10th Lawの回避を可能にするだけでなく、typesafetyを保証しているので、静的型の利点を最適化する。

静的型付き言語でプログラミングをしている場合、適切な言語機能を使用して、コンパイル時にほとんどの型検査をおこなう。実行ボタンを押す前に、型システ ムでコードが適切に形成されていることが確認できる。また容易なリファクタリングおよびコードベースをクリーンにすることができる。

原文はこちらです: http://www.infoq.com/news/2008/04/get-advantages-of-static-typing

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。