BT

Article: JRuby アプリケーションを Java Web Start でデプロイする

| 作者: 岡田 英久 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年4月9日. 推定読書時間: 1 分 |

Ruby と Java がひとつになった世界に足を踏み入れるにはひとつの命令が必要だ。

include Java

この命令を実行することで、あなたは Java のクラスをインスタンス化し、それらのもつメソッドを呼び出し、またそれらのクラスを拡張することすらできるようになる。あたかもそれらがごく普通の Ruby のオブジェクトであるかのように。だが、そこにはいくつかの微妙な違いがある。この記事では、それらのクラスをどのように扱えば、新しいアプリケーション をすばやく生み出し、イナズマのようなスピードでそれをユーザに提供できるのかを見ていく。

この記事は JRuby と Swing を使ったシンプルな ObjectSpace ブラウザを実装するサンプルアプリケーションをベースに進めていく。ObjectSpace はシステム内のすべてのオブジェクトにアクセスする手段を提供してくれる Ruby のモジュールだ。

続きをご覧になりたい方は、以下URLよりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/jruby-deployment-with-webstart

また、JRubyに関する他の記事を読むには、以下URLで表示される一覧よりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/jruby-new

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT