BT

Mingle 2.0のプレビュー

| 作者: Ben Hughes フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年4月14日. 推定読書時間: 2 分 |
4月15日、ThoughtworksがMingle 2.0をリリース予定である。初回のリリースから9ケ月ぶりのことである。InfoQは製品管理者であるAdam Monago氏にインタビューをし、その新機能について話を伺った。大量の修正や新機能の中で、最も顕著なものは以下のとおりである。
  • カードツリー - Mingleはカードツリーの概念を利用し、システムの機能、カード、欠陥および、その他構成可能なエンティティの関係を表示する。また、たとえばプランニングビューやデベロッパビューなどのツリーのさまざまなビューの表示を可能にする。
  • 任意の詳細レベルでのクロスプロジェクトレポートおよびワンクリックビジビリティ - プログラム、プロジェクト、要求またはチームメンバーでさえもクロスプロジェクトでレポートされることで、Mingleがプログラム管理ツールとして使用 することができる。Mingleプロジェクトwikiのチャートおよびテーブルがプログラムロールアップビューで安全に使用することができる。
  • プロジェクト全体での主要なメトリクスの計算 - Mingle 2.0 はプロジェクト全体からのメトリクスの計算をする機能を搭載し、計算には公式、加重平均推定およびエラー修正の平均時間の例を使用する。
  • プロパティの集合体 - Mingle 2.0は、主要なプロジェクトメトリクスを統合(またはロールアップ)する(上記参照)。たとえば、タスク見積もりはストーリー見積もりにロールアップされ、最終的にリリース見積もりになる。
  • アプリケーションプログラムインターフェイス(API)およびプラグインが容易にMingleを既存のプロジェクトインフラストラクチャーと統合する - MingleはRestful API(source)のフルセットがあり、デベロッパの新興コミュニティがMinglynのような'経験の共有を望んでいる(CodeHaus(サイト・英語)で15日にリリース予定)。
  • ほとんどすべてのアーチファクトのTabへのプロモーション - お気に入りのページの簡単なカスタマイズおよびブックマーク。
  • 事前構成されたテンプレートおよびメトリクスの取り込み - バーンダウン/バーンアップチャートおよびプロジェクトテンプレートなど。
また、MingleチームはPerforceコネクターおよびMingleの再構築された一部をリリースしており、ユーザがAPIを使用して自身のプラグインを記述することが可能である。

Mingle委員会の計画としては、オンラインMingleコミュニティとユーザパーソナライゼーション機能の促進がある。価格構造の変更も検討されていて、年間および恒久ライセンスがシートごとの月間ライセンス費用を補完している。

Mingle 2.0は、4月15日から利用可能(source)になる予定である。

原文はこちらです: http://www.infoq.com/news/2008/04/mingle-2

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT