BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

私たちはBPMN 2.0に何を期待できるか?

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年5月20日. 推定読書時間: 5 分 |

Process Modeling Notation(BPMN)は今日のプロセスデザインツールのすべてに普及している表記法である。BPMNはOMGによって採択された一般標準であり、たとえばAquaLogic BPM 6.1(サイト・英語)(BEAのBPMN)など、新しい実装で市場に参入し続けている商用およびオープンソース両方のBPMSツールベンダーに広く受け入れられている。InfoQのBPMNに関する投稿記事(参考記事)をいくつか見てほしい。広く採用されているにもかかわらず、それでもBPMNツールは多くの欠点を抱えている。

  • BPMNはグラフィカルな記法であり、標準化されたメタモデルをサポートしない。そのため、BPMNツール間には相互運用性がほとんど、またはまったくない。XPDLを使用してプロセス図を保管および交換することは可能だが、すべてのBPMNツールがそれをサポートしているわけではない。
  • BPMNはデザイン言語であり、通常はBusiness Process Execution Language(BPEL)に変換される。Bruce Silver氏は(source)次のことを指摘している。
    グラフ指向のBPMNモデル(あなたは、ほぼどこでも流れのルートを決定できる)と、ブロック指向のBPELとの間のミスマッチ

上記のことは、2つの言語間にかなりの不一致をもたらし、多くの場合、そのような変換を困難なものにする。

BPMN仕様では、多数の図パターンの単純なBPELマッピングについて記述する試みがあるが、特定のパターンはBPMN仕様に記述された方法でマッピングできないことが長年にわたり認識されています。こうした単純なマッピングに基づきBPELエクスポートを有効にするBPMNツールは、BPMNが厳しいブロック指向の方法で描かれていない場合に、多くの有効性エラーをユーザーに返す傾向があります。

そのため、実装の大半はBPMNからBPELへの変換のみを提供し(相互変換ではない)、この限定的なアプローチでさえ、真に実行可能なコードをめったに提供しない。

BPMN 2.0標準の主な目標については、Antoine Lonjon氏のホワイトペーパー(source)に概説されている。これは、Bruce Silver氏のBPMN Wish List(サイト・英語)と類似している。最も重要なことは、(既存のXPDLに加え)BPMN交換形式の作成である。Sebastian Stein氏は(source)、次のように述べている。

UML 1.x時代に戻ったように、グラフィカルモデルの交換形式は存在しません。しかし、BPMNの場合はもっとひどいです。モデルのコンテンツの交換形式も存在しません(UML 1.xのXMIのようなものがありません)。BPMN 2は、図のグラフィカルレイアウトとモデルコンテンツをカバーする交換形式を導入することで、この問題に対処する必要があります。

 可能な解決策の1つはBPMN記法の一貫したメタモデルとしてBusiness Process Definition Metamodel(BPDM)(source)を使用することである。これは、交換形式の問題を解決するだけでなく、BPMN実行意味論(execution semantics)の明確な定義を提供するだろう。これは非常に強力な解決策であるが、多くの新しい概念をもたらすだろう。新しい仕様で対処することになる別の問題には、プロセスを開始する複数の方法の指定のサポート、非中断的な中間イベント、半構造化された動作のサポートなどが含まれ、これはBPMNをさらに複雑にする可能性がある。

OMGは8月/9月の期間までにBPMN 2.0に取り掛かる予定はないが、その初期の発表はWeb上で多くの活動を引き起こした。Sebastian Stein氏(source)は、次のように述べている。

より多くの新しい概念を持つことは、BPMNの現在の強みである単純さと矛盾するかもしれません。これは、BPMNモデリングのラーニングカーブが高くなり、さらなる導入を妨げる可能性があります。

Sebastian氏の意見を、Vishal Saxena氏(source)が次のように繰り返して述べている。

まず、長年にわたり他のモデリング標準が存在しているにもかかわらず、BPMN 1.0 (1.1)をここ数年間で最も広く採用された仕様の1つにした素晴らしいものについて特定します。第一に、BPMNは単純であるということです。厳密に言うと、単純なことを単純に保ちます。私は見積もりから支払いまでのQuote-to-Cashプロセスをモデル化したい場合、ほんの少しの時間でそれほど習得の困難さを感じることなく、それを実現できます。それは、Visioのような描画ボードに描画するフローチャートと同じくらい簡単であることに多くの人が気付きました。

 これらの新しい特徴すべてを考慮すると、尋ねるべき質問はBPMNの役割についてである。一方では一部のベンダー(Intalioなど(参考記事))が実行可能なBPMNを導入済みであるのに対し(プロセスは完全にBPMNで設計され、BPELは実行可能な構成物としてBPMN下で生成される)、他方ではJean-Jacques Dubray氏(参考記事)が次のような仮定を主張している。

ビジネスアナリストはプロセスモデルから実行可能な解決策を作成できるはずです。

これは、ビジネスプロセス管理の間違った考えの1つである。非常に単純なプロセス、たとえば注文承認などを除いて、実用的なBPM実装は一般にIT部門の関与を必要とし、その結果、直接BPMNを実行する必要がない(ほとんどの場合、実行しない)。この場合、より重要な質問は、プロセス実装時に行われた変更がどのようにオリジナルのBPMNモデルと同期化できるのかである。将来のBPMNの役割はどうあるべきか? この質問はまだ多くの専門家によって議論されているが、BPMN標準の新リリースが発表される前に答えが得られなければならないように思える。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/05/BPMN20

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT