BT

Phoenix Compiler Frameworkの説明

| 作者: Abel Avram フォローする 10 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年5月22日. 推定読書時間: 2 分 |

Phoenix FrameworkのアーキテクトであるAndy Ayers氏が、Phoenix Compiler Frameworkについて、そしてChannel9(source)で作成されたビデオでの動作方法を説明している。Phoenixはコンパイラとして動作するが、それだけではない。ソフトウェアの最適化および分析フレームワークであり、他のコンパイラやツールで使用される。バイナリコードを生成することができる が、またMSILアセンブリーを記述することもできる。ソースコードが分析され、IR(Intermediate Representation)形式に表され、後にさまざまなツールで分析や操作が可能である。JITterとしては、機能しない。

他のコンパイラのように、Phoenixはソースコードを受け取り、バイナリに変換する。主な違いの1つは、Phoenixがすべての Microsoftコンパイラ(25以上)を1つに集め、Microsoftがサポートするすべての言語やプラットフォームのバイナリやMSILコード を生成する。

すばらしい機能はPhoenixがフレームワークであり、接続可能なAPIがあることである。APIを使用して、Phoenix機能を使用するツールを記述することができる。たとえば、IRファイルを分析して、ソースコードの最適化方法について結論を出す独自のツールを記述することができる。接続可能な機 能も非常に使いやすい。Microsoftはたいてい1、2年かけて新たなハードウェアチップ向けのすべてのコンパイラを生成する、とAndy氏は語る。今やハードウェア製造者は、チップが市場に出回ったときに、新たなチップのソースコードのコンパイルに使用されるPhoenixプラグインを提供することができる。

その他のMicrosoftの主要なコンパイラのように、PhoenixはWindows、Office、Visual Studioおよびコンパイラを限界まで押しやる大規模製品のコンパイルテストにパスする必要がある。これはコンパイラが確実に現実世界の複雑なソフ トウェアに対してテストされ、バグを発見するためにおこなわれる。

コンパイラは内部がマルチスレッドなので、コンパイルで使用されるプラットフォームに依存して、高速なビルド時間が実現する。4つの処理装置上、ビルド時間は1つの処理装置よりも5倍は高速である。

近ごろ、Microsoft ConnectはPhoenix SDK - April 2008 CTP(source)をリリースした。このリリースでは、2007年7月に利用可能になった以前のプレリリースに多くの機能拡張とバグ修正が加えられている。 Phoenixについての詳細は、Microsoft Connect(source)で参照することができる。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/05/Phoenix-Compiler-Framework

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT