BT

LGPLからGPLv3への議論を呼んだ変更を受け、ExtJSのライセンスは発展し続けている

| 作者: Nick Laiacona フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年5月7日. 推定読書時間: 4 分 |

よく用いられるJavascriptライブラリ、ExtJS(サイト・英語)のリード開発者であるJack Slocum氏は、ExtJSの2.1以降を使用して開発されたオープンソースソフトウェアのために、コミュニティで2つの新しい除外規定を作ろうとしていることについて先日公表した。この動きは、最近行われたExt JSのライセンスモデル変更をめぐる、フラストレーションや混乱への迅速な対応として生じたものである。コミュニティで開発されたExt JSの拡張機能を対象とするものが、こうした除外規定の最初のものになるだろう。

私たちにとっての初めの一歩は、Open Source License Exception for Extensions(オープンソースライセンスの拡張機能のための除外規定)です。これは現在ドラフトの状態で、最終決定する前に、コミュニティからの意見を求めているところです。

この除外規定の設定趣旨は、拡張機能やランゲージパック、テーマ、そして様々なオープンソースライセンス下にあるExtライブラリのためのオープンソースの開発者ツールキットやフレームワークに、もっと自由なライセンスを許すことです。

Jack Slocum氏はExt JSブログ(source)で、2つめの除外規定の計画について説明を続けている。この除外規定では、Ext JS APIを利用するフリーソフトウェアとオープンソースソフトウェア(FLOSS)(source)プロジェクトが対象となるだろう。

拡張機能の除外規定が完成したら、次の段階は、MySQL AB社が作成したものと同じような、Ext JSとExt GWTを使用するためのFLOSS除外規定のドラフトを作成することでしょう。

http://www.mysql.com/about/legal/licensing/foss-exception.html (英語)

この除外規定は、Ext JSを使用するオープンソースアプリケーションのためのものになるでしょう。拡張機能の除外規定には無い、多少の別個の追加的な許諾(例:「ビルド」はかまわない)が与えられると思いますが、拡張機能やツールキットには適用できないでしょう。なぜなら、それは拡張機能の除外規定が対象としているものだからです。

Ext JSのライセンスをめぐる最初の議論(source)は、Ext JS 2.1が先頃リリースされたことに端を発する。このリリースにおいてプロジェクトは、条件の緩和されたGNU劣等一般公衆利用許諾契約書(LGPL)のライセンスからGNU一般公衆利用許諾契約書 v3(GPL v3)(source)へと変更した。

バージョン2.1までは、Extは独自のライセンスである「Ext License」の下でリリースされていました。このライセンスはLGPLのライセンス規約の下で(一定の条件が満たされた場合に)利用を許諾していました。2.1より前のExtとともに配布されるCSSや画像(「資産」)にはそれぞれのライセンスがあり、そもそもオープンソースと矛盾するものでした。私達は、オープンソースコミュニティの何人かの著名なメンバーから、私達のライセンスがオープンソースプロジェクトにとって使いづらいものであるという、たくさんの否定的な意見を受け取りました。ある人たちはExtは全くオープンソースではないとさえ言いました。なぜならこれらのライセンスは、標準的なオープンソースのライセンスで提供されている自由を提供していなかったからです。私達は当初からオープンソースの会社ですので、こうした意見や懸念は致命的なものであり、この問題を解決するために努力しなければならないと感じたのです。

この初めの動きはプロジェクトの立場がオープンソースプロジェクトであることを明確にしたが、GPLに基づくライセンスを利用していない(あるいは利用できない)というプロジェクトの懸念を晴らしはしなかった。LGPLライセンス下で製品を無料で利用している、GPLライセンスが重荷となっているクローズドソースのプロジェクトからも、否定的な反響があった。今週初めに、この状況はOpenExt(サイト・英語)の形でプロジェクトの分岐を引き起こした。Ext JSのライセンスがこの分岐を許すのかどうかについて疑問がある。

既存の2.0版の分岐はLGPLの適用方法のために合法的ではない、とExtは主張しています。これは間違っていそうです。もし正しいとすれば、LGPLの名前の利用は極めて誤解を招くおそれのあるものだったのです。

現在のExt JSのライセンスの状態は、プロジェクトのライセンスに関するFAQ(source)に細かく示されている。Ext JS Open Source License Exception for Extensions(Ext JSオープンソースライセンスの拡張機能のための除外規定)のドラフトは、こちら(source)から入手可能である。

原文はこちらです:     http://www.infoq.com/news/2008/05/extjs-licensing

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT