BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

JRuby総まとめ:プロファイラー、起動時パフォーマンス向上、GSoC '08

| 作者: Werner Schuster フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年5月12日. 推定読書時間: 2 分 |
JRuby 1.1.1のリリース(source)によって、IBM JDKで問題を起こしていたバグの修正(source)のような、 JRuby 1.1(参考記事)におけるたいていのバグ修正が提供されている。バグ修正や改良点の完全なリストについては、リリースノートを参照のこと(source)

新機能の1つは、--profileフラグ(source)である。これは、Java Interactive Profiler(JIP)(サイト・英語)を可能にした状態のまま、JRubyを立ち上げる。今やJIPはJRubyディストリビューションの一部で、 JRubyクラスローダーと動作させる構成を搭載している(JIPは、バイトコードの修正を可能にするJavaのインスツルメンテーション機能で動作す る(source))。注:JIPはJRubyランタイムのバイトコードと実行時に生成されるバイトコードのプロファイルを作成する。

JRubyパフォーマンスに関する作業を続行する中で、JRubyのCharles Nutter氏が起動時のJRubyのパフォーマンスを向上させる手段を発見した(source)
起動速度を(自分にとって)およそ70%高めるJRuby起動スクリプトに修正を加えた。JRubyジャー(およびCLASSPATH)を通常のクラスパ スの代わりに、ブートクラスパスにロードし、 検証を回避する(またその他諸々を回避する。それはこれが -Xverify:noneよりも高速だからである)。また同時に、修正が確実に安全なものであるべきである。JRubyのコアはリリースまでに幾度とな く検証されるべきであったし、実行時に生成されるコードは通常通りに検証されることになる。
またJRubyは、Google Summer of Code (GSoC) 2008(source)のいくつかのプロジェクトで示されている。
  • Sergio Rodriguez Arbeo氏、 指導者としてJRubyのThomas Enebo氏によるRMagick for JRuby(source)。このプロジェクトは、RMagick(サイト・英語)ライブラリのサポートを得ることを目的にしていおり、評判の良いImageMagick(source)の利用を許可する。プロジェクトの要約で述べたように、すでにJRuby Extras(source)プロジェクトで利用可能なRMagickのサポートがある。それはJRubyのさまざまなライブラリをホストする。
  • Sergey Vidyuk氏、指導者としてJRubyのCharles Nutter氏によるUseful Rails Benchmarks and JRuby Rails Perf Analys(source)。このプロジェクトは、JRuby上でのRailsのパフォーマンスの改善を目的としている。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/05/jruby-roundup-1.1.1-gsoc-speed

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT