BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

SCAソリューションの構成およびポリシーおよびバインディングのプレゼンへのアプローチ

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年6月22日. 推定読書時間: 4 分 |

SCAは、もともとはIBMやBEAによって開発された一連の仕様であり、現在はOpen Service Oriented Architectureコラボレーション(OSOA)(source)およびOASIS Open Composite Services Architecture (Open CSA)(サイト・英語)によって整備されている。その人気は高まりつつあるのだが、SCAの実体やその機能の範囲に関してはまだ十分理解されていない。IBMのMike Edwards氏によるComposing Business Solutions using SCA(source)およびSCA Approach to Policy and Bindings(source)のプレゼンは、アーキテクトやデベロッパがSOAの裏側にあるアーキテクチャーや実装に関する詳細を深く理解するのに非常に役立つ。

ビジネスソリューションの構成についてのMike氏のプレゼンは、サービスコンポーネントの構成ネットワークとしてサービス指向のアプリケーションを構築 するための実行可能なモデルとしてSCAを定義することから始めている。(Mike氏のプレゼンによる)構成内容は以下のとおりである。

  • アセンブリーモデル
    • 複合アプリケーション構造の定義方法
  • クライアントおよび実装の仕様
    • 特定の言語でのビジネスサービスの記述方法
    • Java、C++、BPEL、PHP
  • 仕様のバインディング
    • アクセスメソッドの使用方法
    • Webサービス、JMS、RMI-IIOP、REST
  • ポリシーフレームワーク
    • セキュリティ、トランザクション、高信頼性メッセージング

Mike氏は、SCAを使用することの利点を以下のように定義している。

  • 疎結合:その他の実装方法を知る必要なしに、コンポーネントが統合される
  • 柔軟性:コンポーネントの差し替えが簡単である
  • 同期または非同期で簡単にサービスを起動できる
  • ソリューションの構成:明確に記述される
  • 生産性:コンポーネントの統合がさらに容易になり、複合アプリケーションを形成する
  • 不均一性:複数の実装言語およびコミュニケーションメカニズム
  • インフラストラクチャーサービスの宣言アプリケ-ション
  • デベロッパ、統合者およびアプリケーション実装者向けの単純化

SCA使用が適用されないシナリオについても、定義している。

  • 個々のワークフローをモデル化しない
    • BPELまたはその他のワークフロー言語を使用する
  • Webサービスではない
    • SCAはWebサービスを使用する可能性があるが、Webサービスを使用せずにソリューションをビルドすることも可能
  • 特定のランタイム環境と関連していない
    • 分散、異機種、大規模、小規模
  • 特定のプラグラミング言語およびテクノロジーを使うことを強制しない
    • 多くの言語、テクノロジーの網羅を目的としている

それからプレゼンはSCAでのトップダウンおよびボトムアップの構成アプローチ、構成およびコンポーネントの実装を通じた実装の再利用、バインディングおよびポリシーに関する詳細へと続いている。

Mike氏は、 PolicyおよびBindingsプレゼンテーションにおいてポリシーやバインディングを詳述している。コンポーネントの実装からバインディングやポリ シーを分割することで、SCAが俊敏性や柔軟性を提供する方法を定義している。プレゼンはSCAバインディングモデル、その後で各バインディングタイプの 詳細を説明している。

  • 具体的には以下のとおりである。
    • アクセスメソッド/プロトコル/トランスポート
    • 直列化
    • フレームワーク
  • サービスおよびリファレンスへの適用
    • 通常はデプロイメント時に追加
  • 拡張可能 - さらに多くのバインディングが追加可能

Mike氏はSCAポリシーモデルを定義し(そして説明し)、結果宣言モードの複雑性を取り除き、以下をサポートする。

  • 実装コードは影響がない
  • 宣言ポリシーの目的により、使用を簡略化する
  • 適用および修正が容易
  • 複雑な詳細がPolicySetsで保持されている

Policy Modelの主な機能は以下のとおりである。

  • SCAポリシーの目的
    • それぞれは1つの抽象QoS要求を表している - たとえば、保全性 修飾される場合がある - たとえば、 integrity.message 効果的にバインディング/ポリシーセットの組み合わせを抑制する
  • SCAポリシーセット
    • 一連の具体的なポリシーで抽象QoSの目的を実現する 具体的なバインディングタイプまたは実装タイプを適用する 本来バインディングまたは実装は、ポリシーを提供する
  • WS-Policy
    • ポリシーセットの具体的なポリシーの構文 他の構文形式は不可

SCAの今後の方向性を示すものは、Updated SCA Wishリスト(source)で参照することができる。もっとも可能性のある方向性として、興味深いものには以下のものが含まれる。

  • SCA「レジストリー」-中央に格納し、構成やワイヤリングを管理する機能。
  • RSS、ATOM、JSON-RPCなどを含む追加のSCAバインディングを改善/導入する。
  • セキュリティ、高信頼性メッセージング、トランザクションにおける多数の機能強化

Mike Edwards氏の完全なパワーポイント、Composing Business Solutions using SCA(source) およびSCA Approach to Policy and Bindings(source)を必ず確認する。またInfoQによるSCA の記事(参考記事リンク)も参照するとよい。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/06/SCAPresentations

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT