BT

ROIの最も高いアジャイルプラクティス

| 作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年6月25日. 推定読書時間: 4 分 |

投資利益率(Return on Investment:ROI)は、投資額に対して、その投資で得られた(あるいは失った)金額として定義される。予想されるROIは、ソフトウェア開発の特定の技術を採用する上で、非常に重要な決定的要因である。

IBM developerWorksの記事で(source)、Roger N.Dunn氏は(source)、アジャイルの採用を決める上で助けとなる手段の点から、アジリティを調べている。彼は次の点を調査している。

  • アジャイルが高い投資利益率(ROI)を達成する可能性
  • アジャイルが総所有コスト(Total Cost of Ownership:TCO)を引き下げる力
  • アジャイルの投資対効果検討書を作成することへの信頼の重要性

Roger 氏の意見では、アジャイルが達成する高いROIに焦点を合わせることにより、意思決定を次のレベルへと進める機会がもたらされる。議論は、主観的なもの(「アジャイルを使うともっとうまくいく」)から、客観的なもの(「アジャイルはROIをx%増加する」)へと進むことができる。

Roger氏は2つの変数、すなわちコストと利益に基づいてROIを評価した。この調査では、コスト削減と利益の増大の結果を、アジャイルプロジェクトと計画駆動アプローチを対比して評価している。その結果は次のとおりである。

ROIのバリエーション1:コストは削減、利益は変わらず:同じ利益を上げるためにコストの削減に集中するだけで、アジャイルは効率性を高め、計画駆動のアプローチを141%上回る。

ROIのバリエーション2:コストは変わらず、利益は増大:同じコストで、アジャイルは、より高い利益をカスタマ・フォーカスにもたらす。アジャイルは計画駆動アプローチを63%しのぐ。

ROIのバリエーション3:コストは削減、利益は増大:上記の両バリエーションの長所が生きる。より低いコストとより高い利益はプロジェクトのリーン化を進めることにつながり、この場合はアジャイルは従来の計画駆動のアプローチを205%上回る。

Roger氏は、TCOと、従来のアプローチよりもアジャイルに好都合な調査結果に関する信頼の重要性も調査をしている。

さて、アジャイルが好ましいROIをもたらすとすると、最高のROIをもたらす最も重要なアジャイルのプラクティスとは何だろうか?

Agile Advice(サイト・英語)への投稿の中でMishkin Berteig氏は(source)3つのプラクティスに言及している。これらはXPやスクラムのプラクティスの一部ではあるが、チームはXPやスクラムに従う必要はない。Mishkin 氏は、費用がそれほどかからずROIが高いプラクティスとして、それらのプラクティスを挙げている。記事で挙げられたプラクティスは以下のものである。

チーム用の部屋

驚くべきことです:このたった1つのプラクティスだけで、チームの生産性は60%の向上が期待できます!仕切りやオフィス空間を並べ直すコストは、利益に比べればささやかなものです。もしこれを行うのであれば、しっかりやってください。

Mishkin氏はチーム用の部屋を(source)もつことについて、Agile Adviceでいくつかの秘訣を述べている。

短い反復

どんなソフトウェア開発プロジェクトでも、期間が2週間あるいは1ヶ月の反復を行います。私はたった1週間の反復を強く推奨します。この場合もやはり、信じられないほどの利益があります:あなたのチームは、もっと長い反復を行う場合や反復が無い場合よりももっと素早くチーム開発のステージ(組織し、議論し、作業を決め、実行する)を進めていくでしょう...このようにして、すぐに高い生産性へと至るのです。

Mishkin氏は、短い反復では、ある種のプレッシャーがかかることを認めている。しかし、反復毎に、役に立つ動くソフトウェアにつながっていくことを考えると、プレッシャーはやる気を喪失させるものではなく、むしろ意欲を起こさせるものなのである。

テスト駆動開発

Mishkin氏は、質の高い開発で素早い開発が行われると、利益はかなりのものになりうると述べている。TDDは、より質の高い開発をもたらす。彼は次のように言い添えている。

私は、これを行っているチームが、テスト駆動開発をする前よりも欠陥率を5%(あるいはそれ以下!)に低減するのを見てきました…同時に予想されたよりも速くプロジェクトを進めながらです。

Mishkin氏は、前述の3つのプラクティスを行っているチームは簡単に生産性を少なくとも2倍にできる、と述べている。彼の意見では、

5人のチームが100日稼動するプロジェクトでは、プロジェクトの期間を50日まで短縮(20万ドルを節約)するか、あるいは倍の量の作業が完了します。

この調査が示しているように、アジャイルが従来のアプローチに比べ、より高いROIをもたらすことはわかりやすい。最高のROIを得るためには、チームは徹底的にXPやスクラムに従う必要は無い。一連のプラクティスを選択することから始めて、利益を享受することができるだろう。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/06/agile-practices-high-roi

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT