BT

OpenJDKを真のオープンソースにする架け橋「IcedTeaプロジェクト」

| 作者: R.J. Lorimer , 翻訳者 渋川 よしき 投稿日 2008年6月18日. 推定読書時間: 1分未満 |
GPL ライセンスのJavaプラットフォーム実装である、OpenJDK(source)が Sun(source)から正式にリリースしてから1年になる。この間にJavaコミュニティは、この新しいオープンソースのコードベースに再び向かい始めている。

Andrew Haley氏とRed HatのThomas Fitzsimmons氏は記事(source)の中でOpenJDKの最初の発表と、それに続くIcedTeaプロジェクト (source)の誕生について議論している。

現在OpenJDKと呼ばれているソースコードが完全に公開されたのは2007年5月9日でした。このソースコードに関しては多少の問題がありました。一番顕著だったのは、いくつかのコードが抜かれていたことです。何年もの間、Sunはいろいろな種類のソースコードで組み立てられたJavaライブラリをライセンスしてきました。その中にはオープンソースが許可されていないコードもありました。これはオープンソースでないソフトウェアを組み込んではならないというFedora Linuxの規則の上で問題になります。これらの見たことがないコードの信頼性を維持する作業は大変なものでした。

GNU ClasspathチームとRedHatの開発者が一緒になり、IcedTeaプロジェクト (source)が立ち上げられた。このプロジェクトは OpenJDKの中に残る独占的使用権を持つコードを、オープンソース実装で置き換えることを目的としている。GNU Classpathにより、OpenJDK内に残る独占的使用権を持つ数多くのバイナリのプラグインは、GPLライセンスの代替実装に置き換えられていった。IcedTeaプロジェクトはこうした活動を通じて、RedHat Fedora Linuxディストリビューション(source)のようなプラットフォームに簡単に組み込むことのできるOpenJDKを構築している。Fedora 9には機能的に完全なOpenJDKパッケージが含まれている。このパッケージに対して、IcedTeaプロジェクトが一部貢献している。

 
バイナリのみがリリースされている独占的使用権を持つプラグインの問題の解決することだけが、IcedTeaプロジェクトが立ち上げられた理由ではない。OpenJDKの中には、プラットフォームの移植性が低いという問題もある。

Sun がリリースしたOpenJDKはi386とAMD-64のマシン上でしか動作しませんでした。Fedoraはこれ以外のシステム上でも実行されます。特に PowerPCベースのシステムを多くサポートしています。この問題を解決するために、私たちはIcedTea移植プロジェクトをスタートしました。このプロジェクトはSunのC++インタプリタの上で動作するOpenJDKを作成しました。これによってPowerPCがサポートされました。これは最終的になくなり、アセンブラコードが完全に排除されたバージョンができました。これは実装されましたが、これについてはまだ作業を行っています。

ハイパフォーマンスJITに関しては「shark」プロジェクトが取り組んでいる。現在はGary Benson氏が開発を行っている(source)。Genson氏にとっての「shark」プロジェクトのゴールは、完璧なプラットフォーム移植性を持つJITを作成することである。彼のブログ(source)ではプロジェクトの状況が日々更新されている(source)

この一週間の間に、IcedTea6 1.2がリリースされた(source)。これはOpenJDK6を対象にした、IcedTeaのバージョン1.2ということを表している。バージョンは1.2には、1.1 からの変更点がいくつかある。
  • b09へのアップデート
  • PYCCとLINEAR_RGB ICCに関するlcmsライブラリの追加
  • プロファイル
  • midiサポートのためのにGervillの統合
  • JTregの統合
  • javaws/NetXの修正
  • セキュリティの向上、ソケット権限の名前によるキャッチ
  • ランタイム
  • JNLPサービスAPIの残った箇所の実装(Print Service, JNLPRandomAccessFile)
  • アプレットのフォーカスのバグフィックス
  • sparc/sparc64への移植
  • デスクトップファイルの統合
  • zeroの各種修正
  • サウンドの修正
  • フォントの修正
  • 数多くのバグの修正(リスト1(source), リスト2(source)

オープンソースコミュニティがOpenJDKを選択するようになってからは、コミュニティになじむように、OpenJDKの内部自体が変化してきている。 Java SEのチーフエンジニアであるMark Reinhold氏は、OpenJDKの規約について最初の修正を行うというアナウンス(source)を先週行った。最初の規約はすでに失効していたため、修正が必要であった。

この規約では暫定の管理委員会は1年間の期限後に解散するということを規定しています。これは3週間前の2008年5月8日でした。私たちはまだ新しい規約を用意できていません。

まだドラフト段階です。

Reinhold 氏はOpenJDKメンバーがコミュニティとしてプロジェクトに関わり続けられるようにするための規約改定作業が遅れていると説明している。これらの主要なコミュニティの一つがIcedTeaプロジェクトである。Reinhold氏はまた、暫定に管理委員会がSunからの独立を保つという恒久的なゴールについては達成されていないが、この点を改善するように作業をしているところだ、と述べている。
そのため、正式な管理委員会の文書のドラフトでは、むしろ、コミュニティとの共同作業をサポートする効果的なコードやインフラ (source)にエネルギーを注いでいます。

これらの目的を達成するために、まずは規約の期限を延長し、委員会の人数を5人から7人へ拡張するという変更がされようとしている。


IcedTea プロジェクトに関する詳しい情報や、最新情報はIcedTea wiki(source)にある。また、OpenJDKプロジェクトに関する詳しい情報はOpenJDKの公式ウェブサイト(source)で知ることができる。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/06/icedtea_openjdk

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT