BT

InfoQ ホームページ ニュース Article: SharePoint Webサービスを始めましょう

Article: SharePoint Webサービスを始めましょう

ブックマーク

SharePointはWebサービス一式を通じて互換性と遠隔オペレーションをサポートしますが、ここでいうSharePointはWSS 3.0(Windows SharePoint Services)とMOSS 2007(Microsoft Office SharePoint Server)のことです。プログラムに基づいてSharePointにアクセスするには、WebDAVに加えて、オブジェクトモデルやWebサービス、 HTTP上のRPCなど、多数のやり方があり、アプリケーションのニーズに応じて、それぞれにメリットと使うべき場所があります。SharePoint RPCプロトコルは有用かつ強力になり得ますし、特にコンテンツの追加となると、確かに威力を発揮します。オブジェクトモデルはWebサービスに比べてずっと頑丈で機能が豊富ですが、遠隔オペレーションに対するサポートがないため、オブジェクトモデルを活用するには、コードをSharePointサーバー上で実行しなければならず、活用するには.NETコードを自分で書かねばなりません。管理用のスクリプトや、クライアントマシン上で動作中のアプリケーションや企業内の非SharePointアプリケーションのタスクなどでSharePointコンテンツを操作する必要があるなど、 SharePointのデータを遠隔で扱う理由は多種多様にあります。SharePoint Webサービスはオブジェクトモデル上に構築され、オブジェクトモデルで利用可能な機能のサブセットを公開しており、遠隔オペレーションが可能で、Web サービスの消費をサポートするいかなる言語およびプラットフォームの使用も可能にします。SharePointと一緒に出荷されるWebサービスは、ほとんどのタスクをこなすには十分ですが、Webサービスでは表面化していないオブジェクトモデルのオペレーションが必要となる可能性もあり、その場合はカスタムのWebサービス実装によりWebサービスを拡張する必要があるでしょう。この記事では、WSS3とMOSS 2007に難しい設定など一切せず、すぐに利用可能なWeb サービスと、Javaと.NETからそのWebサービスを消費する方法に目を向けます。

続きを読みたい方は、以下URLまでアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/swanson-moss-web-services

また、Webサービスに関するほかの記事が気になる方は、以下URLで表示される一覧よりお選びください。
http://www.infoq.com/jp/webservices

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。