BT

InfoQ ホームページ ニュース 複合アプリケーションライブラリ入門

複合アプリケーションライブラリ入門

ブックマーク

Microsoft patterns & practicesは近ごろ、Composite Application Guidance for WPF(参考記事)を利用可能にした。このガイダンスの主なコンポーネントは、複合アプリケーションライブラリ(リンク)で、複合WPFアプリケーションの作成に便利なライブラ リである。

アプリケーションの設計方法、開発方法およびデプロイ方法に関する提言に加えて、Microsoft pattern & practicesは提言の実装のリファレンスや再使用可能なアプリケーションビルディングブロックを提供している。4種類のガイダンス(リンク)が用意されている が、それはGuides、Reference Implementations、Software FactoriesおよびApplication Blocksである。Composite Application Guidance for WPFには、独立して開発されたモジュールから大規模な複合WPFアプリケーションを構築する方法に関する提言の他、Stock Trader RIと呼ばれる実装のリファレンスおよびComposite Application Library (CAL)という名のソースコードライブラリがある。patterns & practicesによると、CALは以下の項目を実行するのに便利である。

  • 独立しているが、それでも協力的なモジュールで構成されるクライアントの構築。
  • モジュールビルダーの懸念をシェルデベロッパの懸念と区別する。そうすることで、事業体がWPFアーキテクチャーの代わりにドメイン固有モジュールの開発に集中することができる。
  • アーキテクチャーのフレームワークを使用し、一貫性があり、高品質な統合アプリケーションを生産する。

patterns & practicesによると、CALは以下の戦略を実行している。

  • 依存性注入の技法を使用し、Presentation ModelおよびModel-View-Presenterパターンの実装に必要なコードをシンプルにする。
  • モジュールロードインフラを提供し、モジュールが始動操作を実行できるようにする。またモジュールは、他のモジュールやシェルアプリケーションが共有コンポーネントを使用できるように登録することができる。
  • ソースコードでの広範囲なユニットテストが含まれる。デベロッパはライブラリを修正することができ、テストを使用してその機能性を検証することができる。
  • ライブラリサービスのインターフェイスおよびライブラリサービスの実装を分離する。

CALは以下のパターンを考慮して、設計された。

  • 複合ユーザインターフェイスパターン:複合および複合ビュー、コマンド、アダプター
  • モジュール性パターン:個別のインターフェイスおよびプラグイン、サービスロケーター、イベント統合機能、ファサード
  • テスト容易性パターン:制御の反転、個別のプレゼン

Composite Application Libraryは複合WPFアプリケーションを構築するために、そのまま使用される。しかし、コアエレメントを拡張したり、置き換えたりすることで、それ ぞれの要望に合う形にカスタマイズすることもできる。必要な機能性を取得するため、ライブラリのソースコードは変更することができる。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/07/Composite-Application-Library

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。