BT

SOAで実際に成功するのは5プロジェクトのうち1つだけ

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年7月31日. 推定読書時間: 4 分 |

SOAは人気上昇中で、常に技術の改良も進んでいるが、BurtonグループのAnne Thomas ManesによるSOA調査(リンク)では次のことがわかっている。

 …20社を徹底的に調査したところ、50%が完全に失敗しており、成功とも完全な失敗とも言えなかったのが30%でした。…多くの企業が複数のプロジェクトで成功を収めましたが、そうしたプロジェクトのほとんどが単一の統合問題を対象としたものでした。それはちょうどWebサービスの寄せ集めのようでした。…アプリケーション1つのためだけにサービスを構築し、そのサービスを再び使うことはないのです

この調査結果はニュース掲載サイトでも取り上げられ、たとえば、Joe McKendrick(リンク)とMichael Meehan(リンク)は共に、Manesの次の主張に同意している -- 失敗の主な原因は実行の仕方が技術的にまずかったからではなく、SOAにおけるビジネスやアーキテクチャのビジョンが欠落していたからで、具体的には以下とおりである。

  • 明確なサービスモデルの欠如
  • インフラの焦点
  • SOAPベースのシステムだけを対象としたガバナンス
  • ランタイム・ガバナンスを適所で活用できない開発者の不手際
  • イニシアチブはアプリケーション開発グループ主導で、参画するのもこのグループのみ
  • 特定性を欠いたロードマップ
  • ROIの測定不能
  • プロジェクト中心の文化
  • 「自分は特別」という考え方

Burtonグループの(リンク)アプリケーションプラットフォーム戦略・データ管理戦略担当副社長のChris Haddadは次のように述べている。

失敗したSOAプロジェクトでは、結果よりも手段に焦点を合わせ過ぎていました。ビジネスの目標に焦点を合わせられないのは問題で、この目標に焦点を合わせることが解決になるのです。SOAの投資対効果検討書を作成する際、「なぜサービスを構築すべきなのか」、「結局のところは何を意味するのか」という最も基本的な質問をし損なってしまうことが時々あります。…SOAを目指すビジネス上の一要因として、経費削減とROIの達成が挙げられますが、SOAにしてみればROIは未だにつかまえどころのない目標であるのに、ことROIに関しては、盲信的になるSOAのプロジェクトリーダーが頻繁に見られます

BurtonグループがSOA成功例で発見した共通の特徴は以下のとおりである。

  • ビジネスとITの再編成。通常は新しい最高情報責任者の着任に伴って実施
  • Cレベル、つまり理事会による財政援助
  • アジャイル/反復による開発方法論の導入
  • プロジェクトの連携先となり、プロジェクトの測定規準となるのは、IT要因ではなく、ビジネス目標
  • サービス提供者とサービス消費者のニーズのバランスを保つ、明確に定義した資金調達・維持管理モデル
  • 高品質のデータへのアクセスと管理を容易にする、簡略化されたアーキテクチャ
  • ビジネスとIT間で相互信頼する文化

Burtonのレポートは次のように述べている。

 問題は技術ではありません。SOAは現在企業の中に存在するわけですから、SOAで何の具合が悪いかというと、その核心にあるのは人とプロセスなのです

David Linthicumは投稿メッセージで次のように述べ、この結論を支持している。

 私たちがITを行う方法の核心を組織的に変更するのがSOAであり、これがSOAの課題であり続けるのです。誰もが変化を概念的には受け入れるようですが、誰かの雇用保障の一部になっているシステムを実際に変えるとなると、瞬く間にやっかいな状況になるのです。さらに、企業内にSOAを推進する責務を負った人たちに、資金はなく、変化を推進するための権限がないこともあります。資金も力もないのに、「納得させ」て「影響を与える」よう、要求されるのです。これでは決してうまくいきません。必要とするスピードで変化を推進するためには、予算をコントロールし、こうした人々をクビにできるようでなければならないのです。

さらにLinthicumは投稿メッセージの中で、SOAの質を向上させる簡単な方法を提案している。

  • 投資対効果検討書を明確に定義します。できない場合は、SOAに手を出さないことです。
  • SOAに必要な組織的な変更を推進する人々に権限を与えますが、一般には事を成すための資金と職権を与えます。さもなければ、わざわざSOAをする必要もないでしょう。妥当な期間内にうまくいくようにするためには、資金のコントロールと人員を解雇できる権限が必要です。そうしないと、アジリティや再利用向けのアーキテクチャ再構築を議題に入れていない人たちと、永遠に会議する羽目になります。
  • 短期的・戦術的ではなく、長期的かつ戦略的に物事を考えましょう。反応的から積極的に流儀を変えたくらいで事態が崩壊するわけありませんから、安心してください。実際、企業はこの方法で市場を勝ち取っているのです。
  • 小さなところから始めますが、勢いは失わないようにしましょう。小規模の戦いを複数行うことで、戦争に勝てるのであり、常に前進を続ければ、少しずつアーキテクチャはよくなっていくのです。

こうしてみると、SOAを成功させるための重要要素は以下であることが再確認できる。

  • アーキテクチャをベースにしたアプローチ
  • 適切な方法論
  • サポート力のある組織構造
  • ビジネス、情報、戦略ビジョンの理解

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/07/Only1

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT