BT

InfoQ ホームページ ニュース Article: 言語としてのアーキテクチャ: ストーリー

Article: 言語としてのアーキテクチャ: ストーリー

ブックマーク

アーキテクチャは一般に、Word文書に主として見られるような極めて実体のない、ソフトウェアシステムの概念的な側面であるか、または完全に技術によって駆動されるものかのいずれかです(「私たちはXMLアーキテクチャを使用します」)。そのどちらも間違っています。前者はアーキテクチャを扱い難くし、後者は技術のハイプの背後にアーキテクチャ概念を隠してしまいます。

では、どう対処すればよいでしょうか? アーキテクチャの開発と同時に、このアーキテクチャに基づいてシステムを記述できる言語を進化させてください。実際の多数のプロジェクトにおける私の経験からすると、これによってアーキテクチャが実体化され、技術決定とは切り離したままで(自覚して別の手順で実行できます)、具体的なシステムおよびアーキテクチャ構成要素の明確な記述が可能になります。

この記事の最初のパートでは、実際のストーリーを使ってアイデアを説明します。2つめのパートでは、アプローチのキーポイントを要約します。

全文を読みたい方は、以下URLをクリックしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/architecture-as-language-a-story

言語についての他の話題が気になる方は、以下URLをクリックしてください。
http://www.infoq.com/jp/Language

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。