BT

データベースの総まとめ:ActiveRecord向けデータshardingおよびPostgres向け高速IO

| 作者: Mirko Stocker フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年7月26日. 推定読書時間: 2 分 |

このデータベースの総まとめでは、新しいActiveRecord向けのデータshardingプラグインおよび、どのようにしてPostgresデータアクセスが非同期クライアントAPIで改善することができるのかについて検討する。

 

ActiveRecord向けデータsharding

データshardingとは、データベースを小さいパーティションに分割し、それらを複数のサーバに配分し、パフォーマンスと拡張可能性を改善する技法で ある。データの区分化方法は、アプリケーションに大いに依存している。たとえばeBayは、記事のカテゴリーごとに区分している。

ActiveRecordは、 追加設定なしのデータshardingをサポートしない。そこでFiveRunsDataFabric(リンク)の出番である。DataFabricActiveRecordプラグインであり、データshardingおよびレプリケーション機能をモデルに追加する。

shardingをモデルに追加することは非常に簡単である。README(リンク)の例を以下に示す。

 

class MyHugeVolumeOfDataModel < ActiveRecord::Base
  data_fabric :replicated => true, :shard_by => :city
end

詳細は、FiveRunsのブログ(リンク)またはDataFabric GitHubリポジトリ(リンク)を参照。

 

Postgres向け高速IO

データベース関連のその他のニュースとしては、Muhammed Ali氏がRubyのPostgresアクセスをおよそ40%押し上げることに成功した。Postgresの非同期クライアントAPIおよびRuby 1.9 Fibers(参考記事・英語)を使用し、非閉塞接続プールおよびファイバープールを実装する。ユーザプログラムの観点から見た対話は、以下のとおりである。

[..] いったんファイバーがcpool.execを呼び出すと、クエリーが処理のためにプールに送られ、ファイバーが一時停止し、別の処理が開始する。 cpool.execにヒットすると、その処理も停止する。その後イベントループで、クエリーの完了通知を(任意の順序で)受け取り、完了したクエリーに 関連したファイバーを再開する。

またMuhammed氏はEventMachine(参考記事)とのより優れた統合に向けた取り組みについて、検討している。それによりパフォーマンスのさらなる向上が期待できる。詳細に分析をし、使用したコードについて説明しているMuhammad氏のブログ(リンク)を参照するとよい。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/07/databases-roundup

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT