BT

InfoQ ホームページ ニュース Spring Dynamic Modulesの継続的な改善

Spring Dynamic Modulesの継続的な改善

ブックマーク
Spring Dynamic Modulesは、OSGiフレームワークで実行されるSpringアプリケーションを容易に構築することができる、とSpringのWebサイト(リンク)上で定義されているのを確認できる。
Spring Dynamic Modulesを用いて作成されたSpringアプリケーションは、モジュール分離や、動作しているシステムにおける動的なモジュールの追加、削除、更新 を実現。同時に複数バージョンのモジュールをデプロイ(クライアントは自動的に適切なモジュールと結合する)するアビリティや、動的なサービスモデルを提 供するとしている。
InfoQのエディターであるRyan Slobojan氏が今年1月にSpring Dynamic Modulesバージョン1.0について書いた(参考記事)。以下は、バージョン1.1.0にある機能の一覧で、プレスリリース(リンク)からの抜粋である。
  • OSGiアプリケーション向けWebサポート(Servlet、JSP、Taglibs)
  • Spring-MVC統合
  • クラスパススキャン
  • Spring-DMエクステンダーおよびWebエクステンダーのカスタマイズフック
  • OSGiサービスインポーターおよびアプリケーションコンテキスト向けのイベント通知
  • 詳細化OSGiプロキシインフラストラクチャー
  • OSGi コレクションの「greedy-proxy」機能
  • SpringSource Bundle Repositoryとの統合
  • Springによって動作するバンドルのカスタムロケーションに対するサポート
  • サービス依存性を決定するプラグ可能なメカニズム
  • OSGiインポーター向けネイティブOSGi ServiceReferenceへのアクセス
  • 新しいWebのサンプル
追加機能のうち特筆すべきものの1つは、TomcatやJettyWebなどのWebコンテナと統合するためのWebサポートである。 Webサイトは、以下のことが可能であると記載している。
OSGiプラットフォーム上でのWebアプリケーションに対する透過的なサポート。Spring-DMがServlet、JSPおよびtaglibテクノロジーを使用し、ほとんど何の作業もせずにWARを使用できるようにする。
他に最新のリリースに含まれるは、新たなWebサンプルであり、Webサポートの働きの理解を高めることを目的としている。Spring Dynamic Modulesは比較的新しいが、機能やバグの修正を伴い改善されてきている。そして、非常に成熟した開発スタッフや企業のバックアップを受けている。

Spring Dynamic Modules 1.1.0について詳しくは、Reference Guide(リンク)を参照のこと。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。