BT

Silverlight向けアスペクト指向プログラミング

| 作者: Jonathan Allen フォローする 593 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年8月7日. 推定読書時間: 1 分 |

AOPことアスペクト指向プログラミング(リンク)は、クラスのソースに明確にコードを配置することなく、デベロッパがオブジェクトやメソッドを通じて、コードのフラグメントを「組み上げる」ことを可能にするものである。この追加のコードは、しばしば「アドバイス」と呼ばれるが、構成ファイルに格納されることが多 い。しかし他の選択肢もある。おそらく、もっとも広範囲にわたるAOPシステムは、Javaの拡張子であるAspectJ(リンク)である。

数年間AOPは、賛否両論を呼んでいる。それは、セキュリティやロギングのように日常的な作業であると断言するものもいるが、ソースで簡単に表示することができないコードの注入をためらうものもいる。しかし、たとえそれが好きではなくても、早かれ遅かれおそらくそれを使用するコードを偶然見つけるだろう。

現在AOPを使用もしくはそれを使うことに関心を抱いている.NETデベロッパにとって、選択肢の1つにPostSharp(リンク)がある。PostSharpは、 後処理を使用しクラスにアドバイスを追加する。これには、必要なコードフラグメントを注入するために、コンパイル済みのEXEやDLLを修正することが含まれる。PostSharpについては、アドバイスはたいてい属性で示される。

近ごろ、PostSharp 1.5がSilverlight 2をサポートする(リンク)ことが発表された。このCTPのリリースには、 .NET Compact FrameworkおよびNovell’s Monoのサポートも含まれる。Chris Koenig氏がPostSharpの例(リンク)をいくつか紹介している。

原文はこちらです:     http://www.infoq.com/news/2008/08/AOP-Silverlight

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT