BT

Article: インタビュー: Emmanuel Bernard氏にBean Validation仕様について聞く

| 作者: Charles Humble フォローする 793 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年8月23日. 推定読書時間: 1 分 |
Bean Validationフレームワークの初期ドラフトに関する以前の記事(参考記事)に続き、InfoQは専門家グループが求めているコミュニティの関与と提案について理解を深めるため、Emmanuel Bernard氏と対談しました。

InfoQ: 私は、この仕様でアノテーションと同様にある種のXMLモデルもサポートされるだろうと思っていましたが、そうではないようですね。このことから手を引いているのですか?

Emmanuel Bernard (EB): この仕様でXMLモデルはサポートされることになるでしょう。しかし、XML記述子に取り組むプロセスに入る前に、私たちはまず機能セットとメタモデルを解決したいと思いました。アノテーションはJSR 303 Bean Validation実装の内部モデルとして使用できます。一度アノテーションモデルを正しく定義したら、XMLは単なる他言語の転置(transposition)に近いものになるはずです。

InfoQ: エラーメッセージの階層をサポートする予定はありますか? つまり、一般的なエラーメッセージを表示する標準的な方法があって、必要に応じてページ/画面特有のエラーメッセージでオーバーライドすることができますか?

EB: あなたの質問を理解できているか分かりませんが、2つの観点から答えさせてください。
a) Bean Validation仕様では、従来のファイルシステムベースのResourceBundleローカライゼーションを通じて制約エラーメッセージを外部化およびインターナショナライズ(国際化)できます。制約は「ハードコードされた」メッセージを使用するのではなくキーを宣言できます。

 

全文をご覧になりたい方は、以下URLをクリックしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/emmanuel_bernard_interview

JCPスタンダードに関する他の話題が気になる人は、以下URLで表示される一覧より記事をお選びください。
http://www.infoq.com/jp/jcp_standards

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT