BT

InfoQ ホームページ ニュース GoogleがGWTオーバーレイタイプを導入

GoogleがGWTオーバーレイタイプを導入

ブックマーク
Google Web Toolkitチーム(リンク)は、「Getting to really know GWT」という題名の進行中のシリーズの一部として、GWTオーバーレイタイプの記事(リンク)を掲載した。
GWT 1.5はJavaScriptオーバーレイタイプを導入し、JavaScriptオブジェクトの全ファミリーをGWTプロジェクトへ統合しやすくしている。この技法には多くの利点がある。たとえば、型なしJavaScript?オブジェクトの作業をしているときでも、Java IDEのコードコンプリートやリファクタリング機能を使用することができる。
その記事は、JSONデータ向けのJava beanスタイルラッパーの作成方法を示している。
var jsonData = [
{ "FirstName" : "Jimmy", "LastName" : "Webber" },
{ "FirstName" : "Alan", "LastName" : "Dayal" },
{ "FirstName" : "Keanu", "LastName" : "Spoon" },
{ "FirstName" : "Emily", "LastName" : "Rudnick" }
];
対応するGWT JavaオブジェクトはJSNIメソッドコールを通常のJavaメソッドと結合し、内蔵ユーティリティーがある安全の型付きJavaオブジェクトを作成する。
class Customer extends JavaScriptObject {

// Overlay types always have protected, zero-arg ctors
protected Customer() { }

// Typically, methods on overlay types are JSNI
public final native String getFirstName() /*-{ return this.FirstName; }-*/;
public final native String getLastName() /*-{ return this.LastName; }-*/;

// Note, though, that methods aren't required to be JSNI
public final String getFullName() {
return getFirstName() + " " + getLastName();
}
}

class JsArray extends JavaScriptObject {
protected JsArray() { }
public final native int length() /*-{ return this.length; }-*/;
public final native E get(int i) /*-{ return this[i]; }-*/;
}
残りのステップは、JavascriptオブジェクトをJavaオブジェクトに変換 することで、変数の推論やその他のJSNIコールで実行される。
private final native JsArray getCustomers() /*-{
return $wnd.jsonData;
}-*/;

オーバーレイの機能性およびGWTコンパイラーで可能な最適化について詳しくは、オリジナルの記事(リンク)を参照すると良い。

原文はこちらです:   http://www.infoq.com/news/2008/08/gwt_overlay_types

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。