BT

InfoQ ホームページ ニュース GPLオープンソースとしてのLWUITのリリース

GPLオープンソースとしてのLWUITのリリース

ブックマーク
近ごろSunは、LWUIT(リンク)(Java MEデバイス向けのLightweight UI Toolkit) のライセンス交付(リンク)を発表した。
[...] 本日、SunはClasspath ExceptionでのGPLv2ライセンスの元、LWUITフレームワークの完全なソースコードのリリースおよび迅速な可用性を提供することを発表しま す。このライセンスの選択により、商品による導入へのリスクがないパスを提供しながら、オープンソース革新と協調的な開発の利点を提供します。すべての人 が、気分良く感じることができるモデルです。
もともとLWUITは4月に発表され(リンク)、今年のJavaOneでプレゼンされた。オリジナルの発表は、LWUITの主要機能を説明している。
  • SwingのようなMVC
  • レイアウト
  • プラグ可能な外観およびテーマ
  • フォント
  • タッチスクリーンのサポート
  • アニメーションおよび遷移
  • 豊富なウィジェット
  • 3D統合
  • ペインター
  • 外部ツールのサポート
  • I18N/L10Nのサポート
  • 適度なパフォーマンスおよび占有スペースに関する要求
  • マルチプラットフォームのサポート
  • SVG(スケーラブルなベクトルグラフィックス)統合(近日リリース)

進歩的なオープンソースライセンスは、つねにLWUITの主要な計画であり、GPLv2下でのリリースの発表は、必ずしも驚きには値しない。しかしながら、コミュニティによるLWTUIの導入にとっては、画期的な出来事である。

LWUITは、GUI APIフォーマットのロールを満たすことを主な目的として作成された。SwingやJava ME AGUIと同類で、MEプラットフォーム全体で一貫性を持って動作する。簡単にデプロイすることができ、デベロッパはたやすくアクセスすることができる (それゆえにGPL licenseがある)。

LWUITに関するアップデートの続きは、LWUITのホームページ(リンク)およびLWUIT Webログ(リンク)で見ることができる。

原文はこちらです:   http://www.infoq.com/news/2008/08/lwuit

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。