BT

オープンソース・ワークフロー・エンジンの比較:jBPM、OpenWFE、およびEnhydra Shark

| 作者: Gavin Terrill フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 渡嘉敷 満理子 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年8月14日. 推定読書時間: 2 分 |

Petia Wohed氏(リンク)は、オープンソースBPMシステムにおけるパターンベースの評価(リンク)の最新バージョンを発表した(リンク)。既存の報告書では、クローズソースBPMベンダ製品であるStaffware(リンク)、WebSphere MQ(リンク)、Oracle BPEL PM(リンク)を比較しているが、それをベースに新規改訂版は、jBPM(リンク)、OpenWFE(リンク)、およびEnhydra Sharkで(リンク)構成されている。報告書では、Workflow Patternsのホームページで、評価フレームワークとして記述されているパターン(リンク)を使用し、3つの主要パターン(Control-Flow、Data、およびResources)において機能性を網羅している。同様に、OpenWFE はワークフロー・パターンのサポートという点では、ワークフローの仕様を定める上で有効な言語だが、非プログラマには分かりにくいことが想定される。

報告書の要約は以下のとおりである。

全体的に、オープンソース・システムは、ビジネスアナリストよりは、開発者を対象にしていると判断できます。Javaを習熟している者にとって、jBPMは良い選択肢となり得るでしょう。しかし、そうでない者にとって、jBPMを選択することはあまり賢明ではありません。同様に、OpenWFE はワークフロー・パターンのサポートという点では、ワークフローの仕様を定める上で有効な言語ですが、非プログラマには分かりにくいことが想定されます。さらに、Enhydra Sharkのワークフロー・パターンに対するサポートは必要最小限であるため、複雑なビジネス・シナリオを取り入れるには、対応が困難になるでしょう。

著者は報告書の終わりに、オープンソースBPMソリューションがいかに市場を変化させているか、という点において興味深い意見を述べている。

一見、オープンソースBPMソリューションは、エンドユーザにとって理想的なBPM、すなわち、現在彼らが直面しているBPM関連のさまざまな課題に対して、革新的かつ迅速に展開する、費用対効果の高い、潜在的ソリューションの供給源を提供するかのように見えます。しかし、オープンソースBPMコミュニティにより、将来の展望が示されているにも関わらず、これらを利用するであろうエンドユーザにとって、検討すべき顕著な問題点がいくつか存在します。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/08/oswf

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT