BT

アジャイル2008:指導者の役割はそれ自身にシステムを公開すること

| 作者: Amr Elssamadisy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年8月6日. 推定読書時間: 1 分 |

アジャイル2008が本日8月4日、正式に開会した。しかしながら週末にかけて、アジャイルコミュニティのこのレポーターを含む多くの人は、指導訓練に参加した。こ れは組織および関連システムの指導に焦点を当てたものである(このクラスはIT、医療、仲介、および生活指導の指導者が参加した)。この種の指導は、個人 のみならずその独自のエンティティとして個人間の関係にもフォーカスしている。その理論は、個人とチームの指導の両方に当てはめることができる。

アジャイルコミュニティにおける「指導者」という用語は、信頼のおける相談相手/助言者、チームリード、プロジェクトマネージャ、さらにはコンサルタント など、人それぞれ違った意味を持つ。より広い指導の世界においては、違いがある。それは指導者がすべきことはシステムを「修正する」ことではなく、それ自 身にシステムを公開することである。その理論は、内側からのみ変化は起こるということである。さらに、すべてのシステムは生来、創造的であり、リソースが 豊富である。万一システムが壊れても、問題ない。

指導者のこの定義およびT指導中のシステムは、おそらくこの分野にいるわれわれの多くにとっては、居心地が悪いかもしれない。しかしながら、コンファレン スに参加することは経験の十分にある実践者が主張する新たな理論を、短時間で確認することができる絶好の機会である。(意外?)指導者の役割および組織内 で変化を起こす方法についての見解は、コンファレンスに参加している多くの上級者にとっては耳慣れないことではない。4人の経験のある指導者と実践者が、 指導しているチームまたは組織に対する指導者の役割と責務についてのこの見解を検証した。

原文はこちらです:   http://www.infoq.com/news/2008/08/reveal-system

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT