BT

アジャイル2008:The Wisdom of Crowdsとアジャイルチーム

| 作者: Amr Elssamadisy フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年8月8日. 推定読書時間: 1 分 |

8月5日火曜日に開催されたアジャイル2008で、Wisdom of Crowds(リンク)の著者であるJames Surowiecki氏(リンク)が基調講演をおこなった。Wisdom of Crowdsの背景にあるテーマは単純である。正しい状況においては、人びとはグループのほとんどのメンバーの最も良い回答よりも優れた決定をすることができる。

講義を開始するにあたり、Surowiecki氏はアジャイル2008の参加者を対象におこなった実験結果を提示した。各々サインインしたときに、 MicrosoftのVisual Studioにあるコードの行数を当ててもらった。グループの答えは、およそ4700万であった。実際のVisual studioのコード行数は、4300万である。グループ全体の中で、およそ1600名の出席者(すべての人が、その実験に参加したわけではないが)がい たが、たった2人だけが、グループの答えより良い答えを言い当てた。その講義の間、氏はこの理論がうまくいくことを明らかにした。

それからSurowiecki氏は、スマートになるために必要な制約について議論した。それは以下のとおりである。

  1. グループは個人の意見を統合できなければならない。ただ単に最良のソリューションの賛成投票をするということではない。
  2. グループのメンバーは、集合思考(リンク)を避けるために単独で行動しなければならない。
  3. グループは多様性に富んでいなければならない。

出席者の多くが、この新しい情報についてそしてどうすればよりスマートなチームを構成できるかについて考えながら、講義をあとにした。この理論が特定の状況に、どう光明を投じるのか、1人の出席者が話した。彼は、最高のエキスパートのチームを抱えている。オールスターの開発チームである。しかし、ほんとう にどうしようもなく悪い決定をしているという。スマートなグループの制約を当てはめてると、このチームには多様性がかけている。

最後に、講義に著しく不足していたのは、Surowiecki氏の4つ目の制約(著著に記載)である。チームの規模が大きくなければならない。それは小規模の開発チームのWisdom of Crowdsを無効とするか?

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/08/wisdom-of-crowds

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT