BT

クロージャーでAPI設計および使用法を改善

| 作者: Jonathan Allen フォローする 525 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年9月7日. 推定読書時間: 1 分 |

複雑な構文解析を実行するAPIによっては、イベントを通じて中間結果を公開するものがある。たとえば、XDocument.Validate拡張メソッドはイベントを使用し、プログラムに検証エラーがあることを通知する。

従来の.NETプログラミングでは、これらのイベントのキャッチは、各イベントで別々の機能を作成することを意味していた。イベントハンドラーに出入りする追加情報を渡す直接的な手段が存在しないため、これらの機能は通常throwawayクラス内で実装される。

 

Eric White氏はクロージャーを使用し、より良い方法をデモしている。クロージャーは、ラムダや匿名インライン機能の特殊なケースである。クロージャーを特 殊にさせているのは、それにローカルではない変数を参照することができるが、ラムダを含んでいる機能にはローカルである点である。このおかげで、Eric 氏はイベント処理ロジックを機能に対してローカルに維持する(リンク)ことができる。以下のラインは、作成中および検証機能に渡されているクロージャーを示してい る。

 

snippet.Validate(schemas, (o, e) => errors += e.Message + Environment.NewLine);

補足として、C#およびVBのクロージャーは、必要なメンバー変数を含む匿名クラスとして実装される。「閉鎖」変数は新たなクラスに移行されて、元の機能とそれが含むすべての匿名機能によって参照される。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/09/Closures-API

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT