BT

InfoQ ホームページ ニュース Article: Spring 2.5:Spring MVCの新機能

Article: Spring 2.5:Spring MVCの新機能

ブックマーク

Springフレームワークは当初から、複雑な問題に対して強力だけれども、非侵襲的なソリューションを提供することに焦点をあててきました。 Spring 2.0ではXMLベースの設定を削減する方法として、カスタムのネーム空間を導入しました。それ以来カスタムのネーム空間は、Springフレームワークのコア(aop、context、jee、jms、lang、tx、utilの各ネーム空間)、Springポートフォリオプロジェクト(たとえば Spring Security)、Springではないプロジェクト(たとえばCXF)に定着しています。

Spring 2.5では、XMLベースの設定に取って代わるものとして、包括的なアノテーション一式を導入しました。アノテーションの使用法には、Springが管理するオブジェクトの自動発見、依存性注入、ライフサイクルメソッド、Web層の設定、ユニット/統合検査があります。

この記事は、Spring 2.5で導入されたアノテーションを探究する3部作の第2弾です。Web層におけるアノテーションのサポートを扱います。最後の論文では、統合と検査で利用できる追加機能を説明する予定です。

続きをご覧になりたい方は、以下URLへアクセスして下さい。
http://www.infoq.com/jp/articles/spring-2.5-ii-spring-mvc

Springに関する他の話題が気になる方は、以下URLで表示される一覧よりお選びください。
http://www.infoq.com/jp/spring

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。