BT

新機能やツールを追加したGranite Data Service 1.1.0リリース

| 作者: Moxie Zhang フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 渡辺 裕之 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年10月22日. 推定読書時間: 1 分 |

先日Granite Data Services (GDS) 1.1.0 GAがリリースされた。もしGDSを知らないのなら、Granite Data Servicesプロジェクトに以下のように紹介されている。

Granite Data Services(GDS)は、J2EEアプリケーション・サーバにとってAdobe LiveCycle (Flex 2+) Data Servicesに代わる、無料のオープン・ソース(LGPL’d(リンク))プロジェクトです。このプロジェクトの主な目的はFlex 2+/EJB3/Seam/Spring/Guice/Pojoといったアプリケーションの開発に際してAMF3/RemoteObjectの利点をフルに活かせるフレームワークを提供することにあります。そして、Cometに似たプッシュ技術の実装(HTTP越しにAMF3のリクエストを送信)とActionScript3のコード生成ツール(Ant(リンク)タスクとEclipse(リンク)のビルダ)も提供します。

1.1.0 GAのリリースにはGDSベースの開発を簡単にするいくつかの重要な機能が含まれている。例えば、新しいEclipseプラグインではJavaのソース・ファイルが作成されたり更新された場合に自動的にGDS ActionScript3のコードを生成する。

また、Tideと呼ばれる機能もある。

Tideは完全なFlexフレームワークとエンティティのキャッシュ、コレクションのページ送り、そして遅延ローディングといったデータ管理機能を提供します。これはまるでCairngorm + Flex Data Management Serviceを完全に置き換えるもののようです。1.1版ではサーバ側の技術としてJBoss Seamに的を絞っていますが将来はSpringや通常のEJB3に対するサポートも行う予定です。

リリースに合わせて、今回のバージョンがFlex2をサポートする最後のGDSになると発表された。(これ以降はFlex 3+しかサポートしない)
 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/10/GDS-110-release

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT